松澤氏のススメ!転職は人材紹介会社を使ったほうが良い時もある

「転職を考えている」
「人材紹介会社の特徴が知りたい」
「株式投資に詳しい松澤弘康さんについて詳しく知りたい」

人材紹介会社の人材コンサルタントと転職希望者は、大体は利害が一致し共通の目的を持つパートナーでもあります。
互いに早く決めたくて新しい給料も高い方がよく、決まらないと紹介会社も収入にならないので、可能性がある企業に積極的に交渉してくれるため時間も短縮出来ます。
さらに採用する企業からされる人の年収にあわせた手数料を取るので、なるべく高い給与で決めたいと考えてから交渉をします。

【徹底検証】松澤さんが考えるピンタレストの魅力

松澤弘康さんが考える金銭面での条件交渉

大きなメリットは金銭面での条件交渉がしやすいことで、大体はお金の話をするのは苦手であり、さらに検討してから断るときにも人材紹介会社を経由すると気が楽です。
通常は新しい年防の25%~35%程度の手数料を採用する企業から取っていて、これは企業にとってはコストアップの要因になるので、希望する企業に直接コンタクトが取れるなら紹介会社を利用しない方がいいです。

決めないと収入にならないので手持ち案件の中で早く決めようとする傾向が強く、本人の意向を尊重する態度を取っていても早く決めたいと言う意思が働くため、ベストな職業でなくても決めてしまう恐れもあります。
さらに企業と自分との間で紹介会社が介在すると、情報が正確に伝わらないこともあって紹介会社が全ての業務に精通しているとは限らないためです。

参考ブログ
松澤弘康の投資信託

転職に関しての情報も豊富

基本的には良い相談相手になってくれて、転職に関しての情報も豊富です。
人材紹介会社の信頼度や実績などを見る必要はありますが、活用してみるのはおすすめで電話がかかってくるときも、何らかのチャンスを持っていることも多く会ってみても損はないです。
相手の会社の実績や業務について詳しくわかっているか確認し、相談相手にするのがおすすめです。

知り合いからの紹介だと、相手の会社の事情や自分のこともよく把握していて向いている就職先を紹介してくれるなら最も恵まれた形とも言えます。
紹介者が相手の会社の適切な人に、良い時期に紹介してくれるなら大変都合が良くて同年代の社員へ会社の様子をヒアリングしたい時、採用の決定責任者に直に働きかけたい場合など、こちらの都合にあったセッティングをしてくれるなら助かります。
求人広告をみてから、履歴書を送って面接を受けられるか、普通の活動での手間や緊張感なども味わう必要がありません。

知り合いの場合で困るのは断ることが難しい

知り合いの場合で困るのは断ることが難しいことで、紹介者は候補者が会社に向いているかを推薦していることがあって、相手も期待を持っていて権限がある人が時間を作って出会ってくれることもあります。
これで断ると紹介者の顔をつぶすことになり、何となく気が進まないなどの理由だと断れません。
相手の会社で紹介出来る知り合いの、さらに知り合いが必ずしもぴったりのポジションの人と限らず、働きたい部署の人出ないと適切な人に繋いでくれない恐れもあります。

自分という商品を売る商談ともいえて、使える人間関係は活用したほうがいいです。
商売では紹介者を辿って、相手の会社などにアプローチすることは多く恥でもありません。
色々注意するべきことはありますが、紹介者を活用するのはよいことで、有能なビジネスパーソンだと興味を持った会社にも自分から接近し、これが本来の活動とも言えます。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業だと仕事が増えていて業績が伸びている会社が多く、活気もあって一体となって自分も成長していると実感できる貴重な職場もあったりします。
新しい仕事も多くて社員も若く、自由度もあって創意工夫の余地が大きいです。
仕事のやり方が決まっていて、上司や先輩が詰まっている古い会社にはない働き甲斐もあります。
株式公開や成長力がある会社だと、そのあとも社員が自社株やストックオプションなどで大金を手に出来る可能性もあり、若くして大金持ちになることも珍しくないです。

ただ、期待どおり成長するときは良いですが、少しの失敗で会社が傾く恐れもあるのもベンチャー企業です。
ハイリスクな勤務先で、さらに人使いが荒いことでも知られてます。
株式公開もしている会社だと経営者や創業者は富を得ていて、社員たちは安い給料で仕事ばかり忙しいこともあり、これだと肉体的にも精神的にもきついです。
さらに、強い個性を持っている創業経営者のワンマンカンパニーが多く、社長とあわなくなると働きにくいだけでなく、最悪クビになる恐れもあります。

まとめ

ベンチャー企業へ就職する場合、経営者との相性が良いことと、再度転職しないといけなくなっても世渡りが出来る自信があることが重要です。
新しい仕事でも数年で覚えることが出来て、自分の身になるなら少しリスクをとっても大丈夫です。
会社の先行きを見通すにはプロでも難しく、株式公開の時期などの損得もありますが、将来思いもよらない大きな大金や仕事が手に出来る可能性がなくもありません。
もし、どうしても最悪の状況になったら、もう一度転職をすればよいだけで、ベンチャー企業のチャンスにかけてみるのも、リスクがあったとしても張り合いもある選択と言えます。