テレビ番組を作る制作会社とは?

「テレビ番組はどこが作ってるの?」
「番組制作会社の仕事内容が知りたい」
「ADとして働きたい」

普段何気なく見ている全てのテレビ番組はテレビ局が制作していると思っていませんか?
もちろん実際にテレビ局で企画され、撮影が行われているものもありますが、多くは番組制作会社に依頼してできたものを放送していることの方が多いです。

制作会社とは

制作会社とは主にテレビで放送する番組を制作する会社のことを示しています。
また制作会社ではテレビ番組だけでなく、企業動画広告やCM、動画コンサルティングなども行っています。
最近では配信事業やYoutube支援(制作・編集・運用)も行っている会社もあります。
さらにアーティストDVD、学科教材などのコンテンツ事業を手掛けている会社もあり、事業拡大が進んでいる業界となっています。

実業家に大切な目標とは?光本氏から学ぶ

番組制作会社の仕事内容

では具体的に番組制作会社はどのような仕事を行っているのでしょうか。
ここではよく番組内で聞かれる役職とともに解説します。

プロデューサー

まず出演者がよく発言するプロデューサーという役職です。
テレビ局にもプロデューサーはいますが、そのプロデューサーとやり取りを行って依頼された番組企画を成功させることに責任を持つ役割があります。
番組の内容など、ざっくりとした骨組みはテレビ局で作りそれに肉付けを行う仕事です。
また、製作に必要なヒト・モノ・カネを用意する責任者でもあります。

ディレクター

次にディレクターと呼ばれる現場で番組を制作する責任者です。
プロデューサーが決定した企画内容を番組炉して具体的に実現する役割を担っています。
撮影から編集まですべての業務を担うため自分の意図を番組に反映することができます。

アシスタントディレクター

その業務をサポートするの職種をアシスタントディレクターといいます。
制作進行に近い役割を担い、テレビ番組制作の業界に入った際に先に経験する職種です。

カメラマン

次にカメラマンで、番組撮影を行う仕事を担っています。
上記の役職と異なり専門色の強い職種となっています。
またカメラマンのサポートを行うカメラアシスタントという職種もあります。

編集エディター

次に編集エディターと呼ばれる撮影された動画を編集し番組にする役割を担う職種です。
ディレクターやプロデューサーとやりとりしながら企画の趣旨を満たす番組を作ります。
カットやテロップ貼り、ワイプ処理のほかCGの作成まで担うこともあります。

音声

次に音声を録音する役割をもつ職種です。
撮影では映像と音声が別々に記録されるためカメラマンと同様専門職の強い職種となっています。

照明

最後に生えるテレビに欠かせない照明を担う役職です。
撮影したもの本来の良さを最大限生かすために技術が必要となる役職となっています。