月別アーカイブ: 2022年8月

プロパンガス会社で営業をするなら

「プロパンガスの営業の仕方が分からない」
「ガス契約の営業のノルマに追われている」
「価格競争に巻き込まれたくない」

最近は、プロパンガスの仕事が増えてきていますが、これは自由化に伴い増えたことが言われています。
一昔前は、特定の会社しか営業することができませんでした。
そうすると、どのような問題が起こり得るかと言えば自由競争の側面が減少していくことが考えられるわけです。
基本的に、1つの会社が独占しているのは日本では許されませんが、かといって、複数の会社があったとしてもその複数の経営者だけで独占しているような状態もあまり好ましいとは言えません。
つまり競争が生まれない以上は、料金がなかなか安くならないことがわかっています。

【関連】プロパンガス会社検索【まちがす】-料金相場と地域最安値
https://www.machigas.com/

競争が生まれる仕組みを考える

例えば老舗の3つの会社があった場合、その3つの所の料金が固定化されていれば、いつまでたってもその料金が少なくなる事はないでしょう。
ところが、例えば新しい所等が参入した場合、その間新しい所が安い料金を提示すれば多くのお客さんは安い所に流れてきます。
もちろん安いところが新しすぎる場合には、そこまで参入することに対してお客が増えないかもしれませんが、例えば他の事業をしておりある程度一流メーカーだった場合、そのところがガス業者として参入したとすれば注目を浴びるでしょう。
そうすると今までのバランスが崩れ、格安のほうにお客さんが取られるため、今まで経営していた経営者も、価格を安くせざるをえません。
結果的に競争が生まれる仕組みになります。
安いだけでなく、サービスなどが充実することも注目する必要があるでしょう。
日本ではこのようにした結果、実際に料金が安くなっています。

後藤氏も注目!人間の生活を支えている空調設備

プロパンガス会社の営業の仕方

プロパンガス等も複数の種類があり、今や戦国時代のようになっているといっても言い過ぎではありません。
この流れの中で、営業するとすればどのように成功したら良いでしょうか。
営業する場合には、その会社の特徴を明確に伝えることが必要になりますが、ただそれ以前にもっと大きな問題が生じます。
それは門前払いを食うと言う部分かもしれません。
門前払いの状態の場合には、いくら説明の練習をしたとしても意味がないものです。
例えば、そこに入社した場合営業マンになるためのビジネストークなどを学ぶかもしれません。
ビジネストークの基本を学び、今までの自分の考え方ややり方ではダメと言うことがわかるとします。
ですが、いくらそれを勉強して学んだとしてもなかなかうまくいかないのはやはり門前払いになるからかもしれません。
逆に言えば、門前払いになることを避けることができれば、多くのお金を稼ぐことができるでしょう。

とにかく笑いを取ることが必要

そもそもなぜ門前払いになるかを考えればわかりますが、やはりセールスマン自体が好まれない傾向があるからです。
そこで、どのようにして第一印象を良くする日をとても大事になるかもしれません。
第一印象を良くするためには、とにかく笑いを取ることが必要になります。
ただこの場合であっても、お客さんによってはそれを断固として拒否するケースもあります。
この場合はそのお客さんの顔を見ながら判断すると良いでしょう。
この人は、笑いを受け入れてくれるタイプだと考えるならば、積極的に面白い人としてピエロのようになってみるのも良いかもしれません。
しかし、強面の人が出てきた場合、笑わない可能性がありますのでその人に適合した方法を採用するべきです。

料金が安くなると言う事を提案する

お金の話で興味がありそうな人ならば、料金が安くなると言う事を提案しましょう。
ただそれだけではパンチが弱く、もう一つ必要になる事は手続きが非常に簡単と言うことです。
手続き自体はあまり時間がかかりませんと言うことを伝えることで、いくらかは興味を持ってくれる可能性が高くなるでしょう。
このように、お客さんのタイプを把握することが重要になりますが、タイプを把握するまでにそれなりに経験が必要です。
タイプを把握するまでは、何度も負け続けなければいけませんが、心が折れないようにすることが大事になるかもしれません。
そこで心が折れてしまうと、うつ病等になってしまうケースもあります。

定期的に連絡をすることが必要

後は、定期的に連絡をすることが必要です。
通常営業行為をした場合であってもすぐに結果が出るものではありません。
営業行為をした場合、すぐにお客さんが今すぐオタクに変えますなどと言う人はほとんどいないわけです。
もちろん中にはそのような人もいるわけですが、それは今まで使っていたところに対して、かなり不満を持っているケースであり、しかも新しい業者の方が魅力的と感じた場合が考えられます。
ではどのようなお客さんが多いかと言えば、すぐその場では決めないけどもいわゆる見込み客と言われる人たちが多いケースです。
8割以上は見込み客であり、訪問したその日のうちに答えをもらうことができませんが3回ぐらい訪問するとようやく変えてくれる可能性はあります。
そうすると、見込み客のリストを作り、定期的に連絡をすることが必要かもしれません。

まとめ

お客様お客さんで忙しく、常にガスのことを考えているわけではありません。
そうすると2週間もすると忘れ去られてしまう可能性があります。
そこで、忘れ去られる前に定期的に連絡を入れることにより、思い出してもらうことが大事です。