sangaku のすべての投稿

太陽光発電と蓄電池を併用するメリット

「太陽光発電の設置を考えている」
「蓄電池のメリットを知りたい」
「光熱費を下げたい」
「エスコシステムズさんの蓄電池の評判は?」

太陽光発電システムを活用する方法には、電力を自家消費する、災害に備えて非常用電源を確保することなどが挙げられます。
特に自然災害の多い日本においては、このようなシステムへの関心は非常に高まっていることがわかるでしょう。
太陽光から電気を作る太陽光発電、さらには電気を貯めておくことができる蓄電池の併用には、大きな注目が集まっています。

【関連】エスコシステムズ人事担当者のブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/escosystems

エスコシステムズから学ぶ太陽光発電と蓄電池を併用するメリット

太陽光発電で作った電気を夜でも使うことができる

太陽光発電と蓄電池を併用することにはメリットがありますが、その1つが太陽光発電で作った電気を夜でも使うことができることです。
太陽光発電が利用できるのは、太陽が出ている時間帯だけと言えるでしょう。
夜間になると太陽がなくなってしまうので、その時間帯には先生することができなくなってしまうのです。
しかしこのような時に蓄電池を併用することで、太陽光で発電した電気を貯めておくことができるようになるのです。
昼間に電力を貯めておくことにより、発電が行われない夜間の時間帯、雨や曇りなどの悪天候の際にも使うことが可能となります。
発電した電気を無駄にすることもなく、自家消費することには大きく役立つことがわかるでしょう。

エスコシステムズの提案する省エネ事業

光熱費を大きく節約することができる

さらには光熱費を大きく節約することができる点もメリットと言えるでしょう。
太陽光で発電した電気を効率よく自家消費し、購入する電力を減らすことにより、大きな節電や節約につながります。
具体的にどのような節約になるのかと言うと、深夜電力の安いプランを契約して、電気代が高い日中の時間帯には、太陽光で発電した電気、そして蓄電池の電気で消費を賄います。
特に固定価格買い取り制度が終わった後は、買取価格が購入価格よりも安くなってしまうことから、できるだけ自家消費をした方がかなり得になっています。
電気代の安い深夜の電気を蓄電池にため、電気代の高い日中に放電して使えば、余った電力を売電に回すことも可能になるかもしれません。
制度が終わる前であり売り、価格が電気代より高い場合などには、うり田の量を増やすことも1つの手段と言えるでしょう。

災害や停電に対して大きな備えになる

さらには災害や停電に対して大きな備えになることです。
太陽光の設備の場合には、天候や日照量などに左右されることが大きな弱点です。
このようなことから単体で設備を扱っていたとしても、雨が降っている時や夜間の電力をまかなえないこともあります。
非常用電源、ライフライン等として活用するのであれば、ソーラーパネルだけでは充分とは言えない状態です。
これに加え蓄電池を設置することで、より確実な備えになると言えるでしょう。
具体例を挙げると冷蔵庫やテレビ、パソコンやスマートフォン、照明を同時に使うとして、どのぐらいの時間、電気を使えるのかをしっかりと把握しておきましょう。
蓄電容量が5kwhの場合には約9時間を、9.8kwhの場合には約18.5時間となります。
昨今の自然災害においても、台風により大規模な停電が発生しました。
このときにはなんと電気が復旧するまでに数週間かかったこともあったのです。
消費電力は住宅の大きさ、家族の人数やライフスタイル、非常時に使う電気機器の数などに応じて大きく異なります。
これらをよく見極めた上で、蓄電池の容量をどれぐらいにするのかを決めることが大切です。

【参考】災害時、蓄電池は本当に役に立つのか?

太陽光発電と蓄電池を併用することのデメリット

費用がかかる

このようにメリットがあるものの、反対にデメリットがあるのも事実です。
太陽光発電と蓄電池を併用することのデメリットとしては、なんといっても費用がかかることです。
とは言え近年では蓄電池の需要が増したり、生産が拡大したことで、比較的安い製品も出てきているのです。
家庭用の蓄電池の導入にあたっては、補助金が降りる可能性もあるため、自治体で確認してみると良いでしょう。
本当にお得になるかどうかについては、専門家から経済的なメリットと導入コストの比較、資産のアドバイスをもらうのが良い方法です。
さらには一括見積もりサイトなどを使って相場を知ることで、より安く導入する方法を検討することが可能です。

設置スペースの確保が必要

デメリットの2つ目に挙げられることとしては、設置スペースの確保が必要であることが挙げられます。
蓄電池を併用するとなると、設置する場所をさらに確保する必要があります。
一般的なサイズとしては、エアコンの室外機程の大きさで、重さは50キロから100キロほどです。
10年以上設置しなければならないため、どのような生活動線であるのかを考えた上で設置場所を決める必要があります。
屋内に設置するものもあれば屋外に設置する機種もあります。
家の広さ、庭があるのかどうか、家庭の事情は様々であるため、それぞれの家庭に見合った製品を選択することが大切です。
近年ではベランダにも設置できるような小さなものも出てきているので、このようなものを導入するのも1つの手段といえます。

まとめ

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかるので、本当に導入しても大丈夫なのかをよく見極めた上で、家庭に見合った機種を選ぶようにしましょう。

羽子板はいつ頃購入すれば良いのか

「羽子板の由来が知りたい」
「羽子板の購入時期が知りたい」
「羽子板は誰が贈るの?」

生まれてきた赤ちゃんが初節句を迎えるにあたり、五月人形や雛人形を購入するのは有名な話です。
しかし日本には古来から、生まれたきた赤ちゃんが初正月を迎えるにあたり、羽子板や破魔弓をお祝いとして贈る風習があります。
非常に美しい風習の1つとも言えるでしょう。
女の子が初正月を迎えるにあたり羽子板を送って飾り、その後の健やかな成長、また幸せな人生を願うと言うものです。
この初正月のお祝いである羽子板は、誰がいつ購入するものなのか、いつ頃購入すれば良いのかと気になっている人は多いことでしょう。
赤ちゃんが誕生するとお宮参りやお食い初め、初節句など、次々に多くの行事を迎えることになります。
住んでいる地域、また親族の中には、昔からの風習を気にかける人が非常に多く見られます。
このようなことから、基本的な情報についてはしっかりと把握しておくことが求められます。

【特集】デニムソファの魅力と選び方まとめ

羽子板の由来

まず最初に初正月の羽子板の由来は非常に古く、平安時代や室町時代まで遡ることになります。
この頃は邪気払いの行事に用いるケースが多かったのですが、少しずつ厄除けの意味で正月に飾る腐臭が生まれていきました。
長い歴史において、空中での儀式の用具であったものが、だんだんと厄除けの正月飾りになり、その後赤ちゃんの誕生祝いとしてプレゼントをし合うことになり、江戸時代を過ぎると赤ちゃんに無病息災のお守りとして贈る習慣が広まっていきました。
飾る時期は正月事始めから小正月までとされていますが、近年では年中飾りとして飾っているケースも多く見られます。
せっかく赤ちゃんの初正月のお祝いなので、できるだけ長く家族で楽しみたいものです。

羽子板の購入時期

いつ頃購入するのが良いのかと気になる人も多いかもしれません。
だんだんと年の暮れになると、全国各地において羽子板市などが開かれることになります。
日本においては浅草寺のイベントが非常に有名です。
しかしこの時期を待って購入するとなると、正月事始めには間に合わなくなってしまいます。
特に赤ちゃんが初正月を迎えるとなると、12月の初めには手元に届いているのが理想です。
このようなことから12月に入ってから購入するのでは遅いことがわかります。
1番目の狙い目は11月中旬と言えるでしょう。
毎年11月中旬ぐらいになると、人形販売店においてはだんだんと店頭に並べ始めます。
人気のある商品からどんどん売れてしまうため、欲しいものがあれば早い段階で購入する必要があります。
これらは伝統工芸品にあたり、職人たちが丁寧に立ち作業で作り上げます。
量産されるものではないため、人気のデザインのもの、有名な職人が手がけているものなどは、早めに購入する必要があります。
特に赤ちゃんの初正月のお祝いとしてできるだけ素敵なものをプレゼントしたいと考えている場合には、品揃えが豊富な11月中に購入するのが1番です。

羽子板は誰が贈る?

近年では壁にかけられるタイプも非常に人気を集めています。
この羽子板は母方の親が贈る風習がありますが、なぜこのような風習が生まれたのかと気になる人も多いことでしょう。
現在ではそれほど一般的なものではありませんが、以前までは結婚する際に結納金や嫁入り道具が必要となっていました。
以前の日本においては、結婚する女性は相手の男性の家に嫁ぐことになり、夫の両親と同居するケースがほとんどだったのです。
嫁ぎ先が結納金を、そして女性の実家は嫁入り道具を用意するものが一般的な事となっていました。
嫁入り道具と聞くと家具や裁縫道具などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実はこれから生まれる赤ちゃんが使うものも用意するのが一般的だったのです。
このようなことから子供の節句に使うお飾り、お守りなども、嫁入り道具として女性側の実家が準備することが多く見られました。
最初から嫁入り道具としなければ、両親は節句などの祝い事があるたびに、贈り物を用意して嫁ぎ先を訪問したのです。
このようなことから、子供が誕生した際の贈り物は、母方の実家が用意するものという考えが定着しました。
現在においては核家族化も進んでいて、嫁入りの概念も失われています。
親と同居をしない夫婦も多く、女性が妊娠するとその母親が出産準備を手伝う、生まれた赤ちゃんのお世話をするなど、嫁側の両親が子供や孫に会う機会も増えています。
昔からの習わしよりも、子供夫婦との距離が近いこと、また孫に会うたびに何かをあげたいと言う気持ちから来ているとも言えるでしょう。

まとめ

とは言え近年では赤ちゃんの初正月の物等は、両家の実家が相談し折半して購入するケースも多く見られるようになりました。
以前ほど親子間の距離感もそれほど遠いわけではなく、父方と母方の実家同士の関係も近くなっていることも関係しているのでしょう。
もちろん父方の実家の方が近い、親密な関係であるなどの理由で、父方が送るケースもあります。
その過程により子供の性別でどちらが負担するかを分けたり、一人目、二人目の人数で順番に負担する方法もあります。
大切なのは子供の幸せを願うことであり、華やかにお祝いしてあげられると良いでしょう。

松澤氏のススメ!転職は人材紹介会社を使ったほうが良い時もある

「転職を考えている」
「人材紹介会社の特徴が知りたい」
「株式投資に詳しい松澤弘康さんについて詳しく知りたい」

人材紹介会社の人材コンサルタントと転職希望者は、大体は利害が一致し共通の目的を持つパートナーでもあります。
互いに早く決めたくて新しい給料も高い方がよく、決まらないと紹介会社も収入にならないので、可能性がある企業に積極的に交渉してくれるため時間も短縮出来ます。
さらに採用する企業からされる人の年収にあわせた手数料を取るので、なるべく高い給与で決めたいと考えてから交渉をします。

【徹底検証】松澤さんが考えるピンタレストの魅力

松澤弘康さんが考える金銭面での条件交渉

大きなメリットは金銭面での条件交渉がしやすいことで、大体はお金の話をするのは苦手であり、さらに検討してから断るときにも人材紹介会社を経由すると気が楽です。
通常は新しい年防の25%~35%程度の手数料を採用する企業から取っていて、これは企業にとってはコストアップの要因になるので、希望する企業に直接コンタクトが取れるなら紹介会社を利用しない方がいいです。

決めないと収入にならないので手持ち案件の中で早く決めようとする傾向が強く、本人の意向を尊重する態度を取っていても早く決めたいと言う意思が働くため、ベストな職業でなくても決めてしまう恐れもあります。
さらに企業と自分との間で紹介会社が介在すると、情報が正確に伝わらないこともあって紹介会社が全ての業務に精通しているとは限らないためです。

参考ブログ
松澤弘康の投資信託

転職に関しての情報も豊富

基本的には良い相談相手になってくれて、転職に関しての情報も豊富です。
人材紹介会社の信頼度や実績などを見る必要はありますが、活用してみるのはおすすめで電話がかかってくるときも、何らかのチャンスを持っていることも多く会ってみても損はないです。
相手の会社の実績や業務について詳しくわかっているか確認し、相談相手にするのがおすすめです。

知り合いからの紹介だと、相手の会社の事情や自分のこともよく把握していて向いている就職先を紹介してくれるなら最も恵まれた形とも言えます。
紹介者が相手の会社の適切な人に、良い時期に紹介してくれるなら大変都合が良くて同年代の社員へ会社の様子をヒアリングしたい時、採用の決定責任者に直に働きかけたい場合など、こちらの都合にあったセッティングをしてくれるなら助かります。
求人広告をみてから、履歴書を送って面接を受けられるか、普通の活動での手間や緊張感なども味わう必要がありません。

知り合いの場合で困るのは断ることが難しい

知り合いの場合で困るのは断ることが難しいことで、紹介者は候補者が会社に向いているかを推薦していることがあって、相手も期待を持っていて権限がある人が時間を作って出会ってくれることもあります。
これで断ると紹介者の顔をつぶすことになり、何となく気が進まないなどの理由だと断れません。
相手の会社で紹介出来る知り合いの、さらに知り合いが必ずしもぴったりのポジションの人と限らず、働きたい部署の人出ないと適切な人に繋いでくれない恐れもあります。

自分という商品を売る商談ともいえて、使える人間関係は活用したほうがいいです。
商売では紹介者を辿って、相手の会社などにアプローチすることは多く恥でもありません。
色々注意するべきことはありますが、紹介者を活用するのはよいことで、有能なビジネスパーソンだと興味を持った会社にも自分から接近し、これが本来の活動とも言えます。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業だと仕事が増えていて業績が伸びている会社が多く、活気もあって一体となって自分も成長していると実感できる貴重な職場もあったりします。
新しい仕事も多くて社員も若く、自由度もあって創意工夫の余地が大きいです。
仕事のやり方が決まっていて、上司や先輩が詰まっている古い会社にはない働き甲斐もあります。
株式公開や成長力がある会社だと、そのあとも社員が自社株やストックオプションなどで大金を手に出来る可能性もあり、若くして大金持ちになることも珍しくないです。

ただ、期待どおり成長するときは良いですが、少しの失敗で会社が傾く恐れもあるのもベンチャー企業です。
ハイリスクな勤務先で、さらに人使いが荒いことでも知られてます。
株式公開もしている会社だと経営者や創業者は富を得ていて、社員たちは安い給料で仕事ばかり忙しいこともあり、これだと肉体的にも精神的にもきついです。
さらに、強い個性を持っている創業経営者のワンマンカンパニーが多く、社長とあわなくなると働きにくいだけでなく、最悪クビになる恐れもあります。

まとめ

ベンチャー企業へ就職する場合、経営者との相性が良いことと、再度転職しないといけなくなっても世渡りが出来る自信があることが重要です。
新しい仕事でも数年で覚えることが出来て、自分の身になるなら少しリスクをとっても大丈夫です。
会社の先行きを見通すにはプロでも難しく、株式公開の時期などの損得もありますが、将来思いもよらない大きな大金や仕事が手に出来る可能性がなくもありません。
もし、どうしても最悪の状況になったら、もう一度転職をすればよいだけで、ベンチャー企業のチャンスにかけてみるのも、リスクがあったとしても張り合いもある選択と言えます。

テレビ番組を作る制作会社とは?

「テレビ番組はどこが作ってるの?」
「番組制作会社の仕事内容が知りたい」
「ADとして働きたい」

普段何気なく見ている全てのテレビ番組はテレビ局が制作していると思っていませんか?
もちろん実際にテレビ局で企画され、撮影が行われているものもありますが、多くは番組制作会社に依頼してできたものを放送していることの方が多いです。

制作会社とは

制作会社とは主にテレビで放送する番組を制作する会社のことを示しています。
また制作会社ではテレビ番組だけでなく、企業動画広告やCM、動画コンサルティングなども行っています。
最近では配信事業やYoutube支援(制作・編集・運用)も行っている会社もあります。
さらにアーティストDVD、学科教材などのコンテンツ事業を手掛けている会社もあり、事業拡大が進んでいる業界となっています。

実業家に大切な目標とは?光本氏から学ぶ

番組制作会社の仕事内容

では具体的に番組制作会社はどのような仕事を行っているのでしょうか。
ここではよく番組内で聞かれる役職とともに解説します。

プロデューサー

まず出演者がよく発言するプロデューサーという役職です。
テレビ局にもプロデューサーはいますが、そのプロデューサーとやり取りを行って依頼された番組企画を成功させることに責任を持つ役割があります。
番組の内容など、ざっくりとした骨組みはテレビ局で作りそれに肉付けを行う仕事です。
また、製作に必要なヒト・モノ・カネを用意する責任者でもあります。

ディレクター

次にディレクターと呼ばれる現場で番組を制作する責任者です。
プロデューサーが決定した企画内容を番組炉して具体的に実現する役割を担っています。
撮影から編集まですべての業務を担うため自分の意図を番組に反映することができます。

アシスタントディレクター

その業務をサポートするの職種をアシスタントディレクターといいます。
制作進行に近い役割を担い、テレビ番組制作の業界に入った際に先に経験する職種です。

カメラマン

次にカメラマンで、番組撮影を行う仕事を担っています。
上記の役職と異なり専門色の強い職種となっています。
またカメラマンのサポートを行うカメラアシスタントという職種もあります。

編集エディター

次に編集エディターと呼ばれる撮影された動画を編集し番組にする役割を担う職種です。
ディレクターやプロデューサーとやりとりしながら企画の趣旨を満たす番組を作ります。
カットやテロップ貼り、ワイプ処理のほかCGの作成まで担うこともあります。

音声

次に音声を録音する役割をもつ職種です。
撮影では映像と音声が別々に記録されるためカメラマンと同様専門職の強い職種となっています。

照明

最後に生えるテレビに欠かせない照明を担う役職です。
撮影したもの本来の良さを最大限生かすために技術が必要となる役職となっています。

神社に行くことがおすすめである理由

「神社にあんまり興味がない」
「神社に行くメリットが知りたい」
「伊勢神宮とか神社本庁とか、そのあたりに最近興味が出てきた」

神社には様々な人が多彩な目的を持って訪れる場所だと言えます。
お正月に初詣のために訪問する方もいれば、お宮参りや七五三などの子供の成長を願うため、受験合格や試験合格、商売繁盛などの祈願を行うために利用する方も多いです。
神社によっては特定のジャンルでの願いが叶いやすいと言い伝えられていることもあり、勉強や仕事以外では恋愛の成就や安産祈願、縁結びや縁切りなどを目的として訪れる人もいます。
他には、結婚式を挙げるためにこの場所を利用する人も多いです。
多種多様な目的や理由から利用されていますが、節目や特定のタイミングだけでなく、この場所にはもっと足を運んだほうが良いと言えます。
行くことがおすすめな理由を紹介するので、あまり行くことがない人は参考にしてみてください。

幼稚園児の教育について

【関連】神社本庁について調べてみました。
神社本庁の概要

周りの人や物に対しても感謝の気持ちを持てるようになる

日本人は古くからこのスポットと深い関係があります。
昔の人には、毎日のようにこの場所を訪れてお祈りをしていた人もいるほどです。
神道に入信している人が多かったからだと考える方もいますが、そうでない人でも継続して訪問しているケースが多かったと言えます。
日本人はこの場所で神様に感謝を伝えることができると考えており、特に昔の人は積極的に訪問して神様へ日頃の感謝を伝えていました。
現代では頻繁に訪れて感謝を伝える人が減っているものの、全くいないというわけではありません。
神様に感謝を伝える必要があるのかと疑問に思う方もいるかもしれないですが、この行為によって自分が置かれた状況を冷静に考えることができたり、神様だけではなく周囲へも感謝できるようになったりします。
現在の自分があるのは支えてくれるあらゆる存在のおかげだと認知できるようになり、周りの人や物に対しても感謝の気持ちを持てるようになるという効果が期待できるでしょう。

パワーを受け取ることができる

パワーを受け取ることができるというメリットもあります。
神社はパワースポットとしての側面もある場所であり、実際にパワーを受け取るためにここを訪れる人は少なくありません。
スピリチュアルな力を信じる人だけが行うことだと思うかもしれませんが、そうでない方でも利用することをおすすめします。
この場所には確かに不思議な力が宿っていると言えるので、日頃から訪れてパワーを受け取っていると良い変化に繋がる可能性が高いです。
初めから信じていなかった人でも、継続して訪れることで生活に良い変化があった、嬉しいことが増えたなどの効果を実感できることが多いと知っておきましょう。

地域の発展に貢献できる

地域の発展に貢献できるという理由からも訪問をおすすめします。
神社はどの地域にでも存在しているものであり、訪れる人が少ない場所は廃れていってしまうでしょう。
ここが廃れている地域は地域全体に活気がないことが多い傾向があります。
定期的に訪れてお賽銭を入れたりお参りを続けたりする人が多くなれば、ここを中心として地域全体が元気になっていく可能性が高いです。
地域のために何かしたいと考えているけれど、具体的な方法は思いつかないという人は多いでしょう。
自分にできることを取り入れたいと思っているのであれば、定期的にここに足を運ぶことから始めてみることがおすすめです。

簡単に気持ちを切り替えることができる

簡単に気持ちを切り替えることができるというメリットもあります。
日本にはたくさんの神社があるので、これは日常的に見かけるスポットだと言えるでしょう。
その一方で、一歩敷地内へ入り込むと非日常さを感じることが多い空間です。
たくさんの神々や偉人が祀られていることから、不思議な感覚に陥ったり日常から離れられたりすることが多いと言えます。
日頃の生活などで疲れを感じていたり、何をやっても上手くいかないと感じていたり、何となくスッキリしない状態が続いていたりする場合でも、ここを訪れて気持ちをリセットすることで良い変化に繋がる可能性が高いです。
気分を切り替える方法はたくさんありますが、難しいことが必要なく、簡単に実施できるこの方法を取り入れてみると良いでしょう。

自分を見つめ直せる

自分を見つめ直せるというメリットもあります。
お参りをするときには感謝の気持ちを伝えることが一般的ですが、その際には自分の現状を踏まえて感謝を述べる方が多いです。
普段の生活で現状を整理することが少ない人でも、お参りをするとなると頭の中で自然に現状整理を行っていることが多いと言えます。
自分を見つめ直すことができれば、反省点や今後の課題も見えてくるので、自分を変えたいと考えている方は積極的に訪問したほうが良いと言えるでしょう。

まとめ

神社は色々な理由で訪れる方がいますが、日常的にも訪問したほうが良いスポットだと言えます。
日頃から訪問することがおすすめである理由はたくさんあるので、これを確認した上で訪問する習慣を持つようにすると良いです。
自分1人での訪問はもちろんのこと、家族や友人、恋人などと訪問することもできるので、あらゆるタイミングで利用してみることをおすすめします。