「ストレス解消」カテゴリーアーカイブ

ストレス過多社会をなくすために必要なこと

ストレス過多社会をなくすためにすべきこと

いま日本はストレス大国と言われているのが現状で、それが原因で命を落としてしまう人も多いと言われています。

特に男性の死亡率が高いということが問題視されており、働き盛りの男性の自殺率が他の国に比べてかなり高いという統計がでています。

これには色々な原因が考えられますが、男性のほうが精神的なショックに弱いということも関係しているようです。

元々生まれ持った体質のようなものに違いがあり、全体としてみると女性に比べて男性はショックを引きずると言う傾向があります。

体の力は男性のほうが強いのですが、精神的な面では女性のほうがタフな一面があり、ショックを受けてもそこまで大きな影響を受けないのでしょう。

もちろん個人差が大きな部分ですが、一般的にはそのように言われています。

このことに加えて、男性社会は順位をつけることにこだわると言う部分も特徴的で、勝ち負けをはっきりとつけたがるところがあります。

女性は皆で協力をして助け合うという感覚が強くなっていますが、男性は誰がトップになるのかに重点をおきます。

そこで勝つことができた場合にはいいのですが、問題は負けてしまったり、戦うことができない場合です。

負けた人は勝負に加えてもらえないという風潮があったり、実力がない人は相手にしてもらえないような雰囲気があるので、非常に生きにくく感じる人もいます。

そのような状況でも構わないという割り切りがもてる場合には、そういった立ち位置で生きていくことができますが、どうしても負けたくないという気持ちがあったり、負けることにストレスを感じてしまう場合には、生きていくのが辛くなってしまうのでしょう。

一度失敗をするとやり直しがきかない社会構造

それに加えて若い人の自殺が多いということの背景に、一度失敗をするとやり直しがきかない社会構造だということも関係しています。

高校や大学を卒業した後に新卒採用で就職をして、その後に病気をしたり転職を繰り返したりしていると、給与がいつまでも安定せず、低賃金で働き続けることになります。

社会の中で就職のチャンスが新卒時に大きく偏っているため、その時期に一生働き続けられる会社に就職できなければ、社会の中で成功することが難しくなっているということです。

もちろん実力がずば抜けてある人などは、転職を繰り返すたびにステップアップしていくことができますが、そういった人はほんの一部で、多くの人は一度会社を辞めてしまうと、その後良い条件で働くことが難しくなります。

そのため新卒時の就職にかかるプレッシャーが大きく、就職に失敗したり受験に失敗したことが原因で死を選ぶ人もいると言うことです。

一部の人だけでなく、かなりの数の人がそういった状況になることがあり、若い男性の自殺者が世界の中でもトップクラスに多くなってしまっていると考えられています。

そして運よく就職に成功したとしても、その後は会社に意見を言うことが許されないような形で過酷な労働を強いられることもあり、就職が成功したからと言って、生活の中からストレスがなくなるわけではありません。

別の形のプレッシャーが襲ってきて、毎日休まらない時間を過ごしているという人も多くいます。

最近では女性も自立しなくてはいけないという価値観が強くなり、女性にもプレッシャーがかかっている社会

最近では女性も男性と同じように働く時代になってきたので、女性も自立しなくてはいけないという価値観が強くなってきて、女性にもプレッシャーがかかっている社会とも言えます。

女性の場合には就職で失敗をしても、そこまで大きなショックを受けることはないようですが、仕事に就いてから女性であるということで差別を受けたり、重要な仕事をさせてもらえないなどの別のストレスを感じることになります。

結婚をしたら仕事を辞める人が多い職場では、早く結婚をしなくてはいけないという空気があることも大きなプレッシャーです。

どういった仕事に就いたとしても、それぞれの苦労があり、決まった形からはみだすことを許さないような雰囲気が生き辛さにもつながっているのでしょう。

また女性は結婚をしなくてはいけない、子供を産まなくてはいけないという古い価値観の押しつけにも、強いストレスを感じます。

就職をするまでは女性も仕事をしなくてはいけないというプレッシャーがあり、仕事を始めたら早く結婚をしなくてはいけないと言われ、結婚をすると次は子供を早く産まなくてはいけないというようなプレッシャーに追われます。

そういった状況が長く続き、子供が生まれた後も跡取りとして男児を産まなくてはいけない、子供を立派に育てなくてはいけないなど次々と新しいプレッシャーがでてきます。

男性だけでなく女性にとっても、基本となる形を決められている風潮が強い社会はストレスが大きくなります。

ストレスを溜めてしまうと様々な体の不調を起こすことがあります。

体を動かして運動したり、趣味を楽しんだり、プロのマッサージを受けてリラックスするなど、自分にあったストレス解消法を知っておくことがとっても大事です。