「投資」カテゴリーアーカイブ

これからの時代に備えるゴールド積み立て

投資や資産運用方法は数多くありますが、株やFXを除けば殆ど詳しく知らないという人もいます。
大きく分けると金融と現物があって、能動的に利益を追求するなら金融ですが、手堅く資産を守りながら増やしたいなら現物となります。
現物投資の代表は貴金属と不動産で、特に前者の貴金属は少額から投資を始められるのが魅力です。
純金や銀にプラチナと、貴金属と一口にいっても色々ですが、一般的にはゴールド積み立てが知られています。
これは純金を購入して積み立てていくもので、基本的に毎月一定額ずつ保有量を増やしていくものです。

少額投資が可能なのでお小遣いで始められる

少額投資が可能なのでお小遣いで始められますし、毎月の経済的な負担が小さく抑えられるので無理なく続けることができます。
ゴールド積み立ては証券会社や銀行に金属を取り扱うメーカーなど、様々な販売者が取り扱っています。
月々の購入額は予算次第ですが、最低だと1千円くらいから始めることが可能です。
年会費や購入時に保管などの手数料が掛かりますから、積み立てを始める場合は購入費以外の費用についても確認する必要があります。
ただ、年会費無料や保管手数料無料を謳う販売会社も少なくないので、費用を抑えながら積み立てることはできます。
僅かな違いでも、塵も積もれば山になって大きな違いが生じますから、なるべく費用が安く済むゴールド積み立てを選びたいところです。
余談ですが、金地金や純金の金貨などを買って自宅や貸し金庫で保管する方法は、積み立てとはいわないです。
銀行の貸し金庫はともかく、自宅での保管は盗難のリスクがありますし、小さい金地金や金貨は紛失の恐れもあるので注意が必要です。
コストをケチって現物資産を失うのは本末転倒ですから、自宅で保管を検討する時は相応のコストが掛かることを頭に入れておきましょう。

純金は品質管理の手間がなく長期間にわたって安定した物性を保つ

純金は品質管理の手間がなく、長期間にわたって安定した物性を保ちますから、持ち運びやすく換金性にも優れます。
その為、とても盗難に遭いやすいといえますし、紛失しても見つからなくなる恐れがあるわけです。
もし手元に純金を置いておきたい場合は、数や量を限定して保管するのが無難です。
純金の保有が資産運用目的で将来的な利益に期待するべく長期保管を行うなら、尚のこと手元に置いておかない方が良いです。
証券会社などの販売会社が提供するゴールド積み立ては、名前のように純金の積み立てを目的としており、購入も保管も手間なく任せることができます。
購入は毎月自動で行われますし、購入が済んだ純金は自動的に保管されます。
盗難が発生することはまずないですし、手元に純金を置くことはできませんが、手元に現物がないので紛失する恐れもなくなります。
現物を見たり触れたいなら、交換の形で金地金や金貨が受け取れるので、毎月お金が減って保有量の数字が増えるだけということはないです。
500gや1kgの金地金を購入するのは難しいですが、積み立てならそれも不可能ではありませんし、少額投資でも時間を掛ければいずれ実現します。

投資について何も知らない人でも始めやすい

このようにゴールド積み立てには夢がありますし、投資について何も知らない人でも始めやすいことが魅力的だといえるでしょう。
生活防衛や資産運用が当たり前の時代において、全く対策をしないのは無防備ですし、対策の有無が将来的に大きく結果を分けることになります。
消費を抑えて出費を減らすのは受動的な防衛策で、比較的簡単ではありますが資産が増えることはなく、効果も限定的なのがネックです。
一方、株などの投資は学習コストこそ掛かりますが、長い目で見れば資産を増やしたり将来の安定した生活に繋がります。
ゴールド積み立ては投資の選択肢の1つで、無対策よりはかなり良いですし、学習コストが小さく抑えられるので投資の初心者に向いています。
流石にこれ1本というのはおすすめできませんが、とりあえず積み立てから始めてみて、積み立てをしながら他の投資を勉強したり挑戦するのはおすすめです。
結局のところ、資産が増えるかどうかは投資の結果次第なので、購入時より売却時の価格が下がってしまえば目減りします。
しかし2011年に4千円台後半に突入、2019年に5千円台、2020年には7千円台と右肩上がりに最高記録を更新していますから、今後も価格上昇に期待大です。

まとめ

積み立て商品の販売会社を選ぶ時は、保管がしっかりと行われる特定保管かどうか確かめることが大切です。
保管方法が消費寄託だと純金の所有権が保管会社に移るので、もしも経営が破綻することになれば資産が手元に戻らなくなります。
銀行預金は元本1千万円まで保護されますが、純金の積み立て商品には保護がないので気をつけましょう。
消費寄託の販売会社を選ばざるを得ない場合は、経営状況を確認した上で、長期的に安心して預けられるか判断することをおすすめします。
判断が難しかったりリスクを分散させたいのであれば、複数の販売会社で並行して少量ずつ積み立て運用を行うのが賢明です。

 

参考リンク
株式会社ゴールドリンク 会社概要

純金積立サービスの上手な活用法

●純金積立サービスでニーズに合った活用プランを選ぶ

インフレにも強いのが金をはじめとした貴金属の魅力ですが、地金を購入する場合にはまとまった資金が必要です。

また大きな単位で貴金属の地金を買うときには、高値掴みをするというリスクもあります。

けれども月々少量ずつ購入可能な純金積立であれば、誰でも低リスクで貴金属への投資を行うことができます。

これから純金積立を始めるときには、投資家一人一人のニーズに合ったプランの中から選ぶ必要があります。

まず最初に情報サイトで様々なサービスを利用すると、お得で魅力的なプランを見つけることができます。

貴金属を保有しても利息は付かないので、サービスを選ぶときにはコストを重視するべきです。

株式会社ゴールドリンクなど買い付け手数料や管理コストなどが安いサービスを選ぶと、純金積立でより一層資産を増やせるようになります。

参照記事・・・株式会社ゴールドリンクの評判・口コミ|転職・採用情報
各種積立サービスを提供している会社の中には、貴金属の精錬などに強い企業もあります。

そのような会社は情報発信にも積極的なので、積立投資の魅力について知りたいときにも役立ちます。

更に積み立て購入に加えてスポット購入にも対応しているのが、貴金属の精錬や地金の販売を本業とする会社の魅力です。

毎月の定額の積み立てに加えて価格下落時のスポット購入を併用すると、金投資の平均コストを大幅に下げることができます。

しかも価格が上昇した時に臨機応変に売却できるので、短期間でも利益を確定させられるメリットもあります。

しかし様々なポートフォリオの一部として金を買うときには、証券会社を活用するのが理想的です。

証券会社は様々な金融商品を取り扱っているので、バランスよく金投資を行いたいときにも便利です。

●初心者でも利用しやすく資産を増やせる

株式や債券への投資比率を考えながら、毎月の購入金額を決めるのが金投資を成功させるコツです。

また1000円から金投資が行える証券会社もあり、初心者でも積み立てサービスを利用しやすいです。

最近では就職した当初から金を積み立て購入する会社員もいますが、収入の増加に合わせて少しずつ買い付け金額を増やすのが理想的です。

1回当たりの金額が1万円未満であっても、定年退職時まで積み立てを続けると資産を大きく増やせます。

そして金投資の効率を高めるためには、個人投資家自身が値動きのメカニズムについて学ぶ必要があります。

特に国際情勢が大きく変動した時に、金の価格は大きく変動する傾向が強いです。

世界の政治経済が安定しているときは金の値段が安いことが多く、スポットで買い付ける最も良いタイミングでもあります。

一方で戦争が起きると金の値段は急激に上昇するので、これまでに積み立てた金の一部を売却する人が多いです。

また金の値動きについて知りたいときには、投資セミナーに参加する方法があります。

投資セミナーでは商品相場に強い講師がわかりやすく解説してくれるので、投資のビギナーも値動きの傾向について理解を深められます。

定額積み立てを行っている場合でも、価格上昇時に一定の割合を現金化するのが最も理想的な投資戦略です。

しかしインフレにも強い金のメリットを最大限に生かすためには、長期間保有し続けることも大切です。

純金積み立てを始めるときに投資方針を決めると、誰でも一定のルールに従って売買が行えるようになります。

●ジュエリーなどと交換でき、楽しみながら資産形成できる

また10年単位で投資を続けるためには、常に高いモチベーションを維持し続ける必要もあります。

ジュエリーなどと交換できる会社の積み立てサービスを利用するのが、楽しみながら資産を形成するためのポイントです。

商品ラインナップが豊富な会社であれば、積み立てた純金をネックレスや地金と交換することも可能です。

老後に向けた資産形成で金を買う人がいる一方で、子供や孫に資産を残す目的で積み立てている人たちも増えています。

預貯金と比べると資産の目減りリスクが小さい点が、金の定額購入の一番のメリットです。

銀行から購入資金を引き落とすこともできるので、仕事で多忙なビジネスマンも気軽に利用することができます。

月初めに同じ金額ずつ買う個人投資家も多いですが、サラリーマンの中にはボーナス時に購入金額を増やす人がいます。

余裕資金で買うのが金投資を行う場合の基本であり、お金にゆとりのあるボーナス時に買い付け金額を増やすのは賢い方法です。

また新たに金投資をスタートするときに、子供名義で口座を開設して積み立てる方法も魅力的です。

子供名義で積み立てるときには、大学進学や結婚などの人生の節目で売却するのがポイントです。

物価上昇時には目減りを回避できるので、子供名義で金を買うことで将来的に必要な資金も十分に確保できます。

更に家族全員で金投資を行うことで、一緒に世界経済について学べるメリットも大きいです。

特に金への投資を通じてマネー教育が行えるので、将来的に子供たちがお金について賢く行動できるようになります。

そして子供が成長した時には、自分自身の判断で積み立ててきた金を売却することも可能です。

金を資産運用として有効に利用しよう

1,価値がありその価値が変動しない金は資産運用に適している

ゴールドは資産運用を行う際に非常に有利なものとして注目されています。

一般的に通貨の価値はお互いのレートによって決定されるためその変動が激しく、長期にわたって安定した資産を運用するには適していないと言われており、さらに相続や譲渡等様々な場合に税金等の問題が悪影響を及ぼすことも多いので注意が必要です。

この点金はこれ自体に価値があるものとされその価値が変動しないために資産として運用を行うには非常に適したものと考えられているのです。

さらに最近ではその価値が非常に高まっており多くの買取店が高値で買取を行っている状態となっていることもあり、安定した歩行を維持した状態で必要な時にお金に変えることができると言うメリットも生まれています。

昔は多くの人が資産運用を行う場合銀行に対する預金や株式の購入などを行うことが一般的となっていました。

古くは銀行も長く預け入れをしておくだけで一定の利息をもらうことができたため、この仕組みにより安全で確実な方法で資産を増やすことができていたのですが、リーマンショック以降金利が下落しその状態が現在まで維持されていることにより預け入れをしてもほとんど利息がつかない状態となって継続されています。

そのため銀行は現在では資産運用の対象とはならないものとなっているのです。

近年ではFXや先物取引を行う人も増えています。

しかしこの方法は非常にリスクが高い上、場合によっては様々な騙しの手口に遭ってしまうことも多いため注意をしなければなりません。

特にこれまで投資を行ったことがないと言う人にとっては投資詐欺は非常に怖いものであり、その他にも株式の価値変動を操作したり、先物でだまし取られるケースも多いことから充分に注意をすることが必要です。

2,ゴールドの運用には貨幣に変える際の相対価値を十分把握しておく必要がある

その点ゴールドはその者自身に価値を持っているため、単に保管しておくだけでも十分な資産運用となるのです。

効果的にゴールドを運用するためには取引の相場を十分に把握しておくことが必要です。

価値が変わらないと言う表現がありますが、これはゴールドそのものの価値が変動しないだけで、実際に資産を利用するためには貨幣に変える必要があり、この際の相対価値を十分に把握して効率よく利用することが必要となるのです。

一定の価値を保っているとは言えいざこれを利用する場合にはより高い価値の貨幣と交換したいと多くの人が思うものであることからその相場を充分に把握した上で行うことが必要になるのです。

これを知らずに単純に必要に応じて交換をしようとすると、交換レートの低い的に交換をしてしまうことになり十分に価値を引き出すことができません。

あとゴールドリンクなどが行なっている、積立式の資産運用もとても人気です。
▶️  ゴールドリンクゴールド

また、ゴールドの保管方法にも十分な注意が必要です。

最近ではコインやインゴットにして保管をすると言う人も増えていますが、これは非常に危険なものと言われているため注意が必要となります。

今夜インゴットの場合はその一つ一つが小さいため必要に応じてその量をすぐに取り出すことができるのですが、そのサイズが大きな場合にはなかなか持ち出すことができないのです。

延べ棒の形にしておくと一つ一つの重量が比較的大きいため持ち運びに不便でポケットの中などに隠すことができないことから万が一の場合の対応がしやすいと言う特徴があります。

自分自身でも小さいものに比べて数量の管理がしやすく使いやすいものとなっているのです。

自宅で管理する場合だけでなく銀行などに預ける場合でも管理をすることが容易でありなくなってもすぐにわかることから広く利用されることが多いものとなっています。

3,ゴールドの売却時は十分検討をして対応することが必要になる

ゴールドで資産運用を行う場合には、一見非常に安定しているように見えますが実は相対的な変動が激しくこれに集中力を惑わされてしまい売却をしてしまうことも少なくありません。

これがどうしても必要なものであれば、積極的に取り入れるものだと考えられています。

しかし子供に危険が伴う恐れもあり、また周囲の様々な施設との共存を考えることから円満な解決を目指すことが基本となっているのです。

そのため管理しやすい延べ棒の形が最も人気があり、この会社に製造してもらうことが非常に高い効果を得ることができると言うことを数値的に示したものとなっています。

このような状態の時に遺産相続の話があり、その際に気になるのが相続や運用のイメージを払拭することが大切となっていますが、その際には冷静に物事を判断することが必要です。

不動産などは売却を希望する様々な業者や個人が訪れることも多いのですが、充分に検討をしてから対応することが非常に重要です。

日ごろから資産運用を効果的に行っておくことで万が一の場合にも慌てることなく最適な方法を選ぶことが出来るようになるのです。

また最近では核家族化が進んでいることもあるため遺産も公平に相続するよう遺言等残しておくことが必要です。

この環境の中で効率的に運用を行うためには、非常に重要なこととなるの