「生活」カテゴリーアーカイブ

リノベーションに詳しい後藤さん

住宅を建築して30年ぐらい経過した場合や、中古住宅を購入した場合にはリノベーションをする人も少なくありません。
これは、リフォームとは少し異なります。
どちらも似ているような内容になりますが、価値を高めた状態にするのがリノベーションです。
ちなみにリフォームとは、質を新築の状態に戻すことを意味しています。
ここからわかることは、もしリノベーションをするならば新築の状態よりもさらに高い価値に仕上げなければならないと言うことです。

住宅の価値を高めておくメリット

価値が高まると言う事は、言い換えるならば仮にリセールをするときにそこまで価値が低い状態での売買になる事はありません。
将来的な投資と言う意味においても、住宅の価値を高めておくことは重要だと後藤 悟志は言います。
ただ、建築の素人が設計などを行ったとしてもうまくいくわけがありません。
当然価値のあるものにするためには数々のプロたちが入り込みます。
まず、ハウスメーカーや工務店などに依頼する場合でも、専門的な知識を持っているところにお願いをすることが必要です。
住宅建築を専門的に行っている所でも、新築住宅ばかりを建築しているところもあれば、住宅等をリノベーションすることを主な仕事としているところもあります。

リノベーションに関して知識や経験を持っている業者にお願いをする

当然ながら、普段からリノベーションに関して知識や経験を持っている業者にお願いをするのは間違いありません。
最近は、不景気になっているため建築会社のほうも少しでも自分たちの仕事を取るようにして必死になっています。
この時、普段やらないような仕事を引き受ける業者があるかもしれません。
そのため、依頼者側が相手と話をして引き受けてくれた場合でも、本当に実績があるのかを確認しておいた方が良いです。
実績がない建築会社は、最終的に納得をするものができない場合が多く、高い金を払っていたのに満足度が低くなってしまいます。
実績を見る場合には、ホームページ等を参考にした方が良いでしょう。
どれぐらいの実績があるのかそして可能ならばその建築会社が手を加えた住宅を見せてもらうのが1番です。

提案力があるかどうか

建築会社の選び方としてもう一つ重要なのは、提案力があるかどうかと言うことです。
建築会社は、可能な限り依頼者の依頼に基づいて建築をしていきます。
しかし、依頼者の依頼通りにしてくれないケースもあるでしょう。
代表的なことの1つは、法律に反する場合です。
リフォームやリノベーションをする場合でも、法律による制限が加わります。
いくら依頼者側の提案が素晴らしく受け入れてあげたいとしても、法律上問題がある場合そのまま建築をすることはありません。
この場合には、依頼者側の依頼をそのまま受けることができなくなってしまいます。
当然依頼者側としても、引き受けてくれなければがっかりするかもしれません。
しかし、もししっかりとした会社ならば様々な提案をしてくれます。
依頼した通りにはならなかったけども、納得できるだけの提案をしてくれるところは安心して任せて良いでしょう。
本当に腕のあるところは、より適切な方法で満足度の高い住宅建築をしてくれます。

相談会等に参加してみることが重要

この点に関しては、ホームページなどを見てもなかなかわかるものではありません。
可能ならば、相談会等に参加してみることが重要です。
相談会をしていない場合は、いちど見積もりを取ると言う形で話をしてみると良いかもしれません。
ちなみに見積もりに関しては、無料で行ってくれるところがほとんどです。
そして、見積もりをしたとしても絶対に契約をしなければいけないわけではありません。
業者によっては、見積もりの段階でしつこく営業をかけてくるところもあるかもしれませんが、そのような所と契約をすると後々面倒なことになる可能性が高いです。
依頼者側として気になるのは、どの程度の予算になるかでしょう。
建て売り住宅を購入する場合等と異なり、はっきりとした金額がホームページ上などに紹介されているわけではありません。
金額がハッキリしない理由は、その住宅によって相場が大きく異なるからです。
改築しやすい住宅とそうでない住宅もあり、それだけで料金が1,000,000円位変わってしまうケースもあるといえます。

【まとめ】どのレベルの資材を使うのかによっても異なる

また、どのレベルの資材を使うのかによっても異なるでしょう。
例えばフローリングならば、一般的に合板と呼ばれるものが利用されており、比較的安く手に入ります。
アパートやマンションそして普通の一戸建て住宅ではこのような素材が使われています。
しかし、本当にこだわりたいならば無垢材と呼ばれるフローリングを用意することもできるわけです。
これは合板に比べると3倍から5倍位の料金になるでしょう。
和室ならば、畳1つで安いものだと1万円台で購入することができます。
しかし本当に良い物を入れたい場合には100,000円以上します。
どのようなプランにするかにより、金額がずいぶんと異なるためホームページ上には明確な金額は載せられません。
そのかわり見積もりの段階で具体的に話ができれば、金額もはっきりするでしょう。

貸切バス

貸切バスで自由に旅行を楽しむ

・予約が取りにくい人気の高級レストランで豪華なコース料理を堪能したりサロンでラグジュアリーなフェイシャルメニューを受けたりなどのプチ贅沢をしてモチベーションをアップさせる

・カモミールが入ったハーブティーを飲んだりラベンダーアロマエッセンスの香りに癒されたりヒーリングミュージックで心を穏やかにさせたりする

・ジョギングやウォーキングや筋トレやヨガやエアロビクスや体を動かすアクティビティで思いっきり汗を流し体の中の余分なものをデトックスさせる

・ギャンブルやゲームやカラオケや楽器演奏や釣りやゴルフや映画鑑賞や読書などの趣味に没頭して現実逃避をする時間を設ける

・疲れているなと感じたらきちんと休息の時間をつくり早寝早起きを心がけて睡眠の質を向上させ自律神経のバランスの乱れを整える

・気が合う友達と電話をしたり飲み会をしたりして愚痴ったり悩み相談をしたり色々なおしゃべりをして日頃の鬱憤を晴らす

など、溜まったストレスを発散させるための手段はたくさんありますが、旅行を楽しんで気分をリフレッシュさせるというのも効果的な手段の一つです。

ご当地グルメを堪能したり観光スポット巡りをする

ご当地グルメを堪能したり観光スポット巡りをしたり美しい景色を眺めたりゆっくりと温泉に浸かったりすれば気分転換になりますし、考え方が前向きになりまた明日から頑張ろうという気持ちになれるはずです。
しかし、旅行にはストレスやトラブルもつきもです。
大勢で行くとなるとそれなりのルールを設けなければなりませんし、団体行動特有の問題も発生します。

旅行につきまとうトラブルやストレス

旅行につきまとうトラブルやストレスについてですが、

・集合時間になっても集合場所に来ない人がいて乗る予定だった公共交通機関に乗れなかったり行動がバラバラになったりして輪が乱れる

・自家用車で移動する際に誰が運転するかで揉めて車内が険悪なムードになり心の底から旅行を楽しむことが出来なくなる

・重くて大きいスーツケースや大量に購入したお土産などとにかく荷物が多くて公共交通機関の乗り換えをする際の物理的負担が大きい

・地震や台風や大雪や強風や停電や事故などのトラブルの影響を受けて飛行機が飛ばなくなったり列車が運休になったりして全ての予定が狂ってしまう

・子どもからお年寄りまで安心して楽しめる安全な旅行を実現させるためには様々な配慮が必要になり移動手段も制限される

などがあります。
移動にまつわる問題が発生して、せっかくの旅行が台無しになってしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。

移動手段として貸切バスを選ぶ

そこでおすすめなのが、移動手段として貸切バスを選ぶという方法です。
自家用車や飛行機や新幹線やタクシーや電車や船や高速バスや路線バスなど移動手段には様々なものがありますが、最も自由度が高くて負担が少ないのが貸切バスです。
貸切バスを選ぶことの利点についてですが、

・集合場所にバスが来てくれて目的地までノンストップで移動することが可能で出発時間やルートも自由に決められてルールに縛られずゆったりと楽しめる

・一度大きな荷物を積んでしまえばそのまま置いて置けるので小さなバッグのみで身軽に動くことが出来て便利で快適

・バスの中は人目が気にならないプライベートな空間となり移動時間も思いっきりみんなで会話を楽しむことが出来て飲食も可能

・プロフェッショナルなドライバーが安全運転をしてくれるのでナビを見ながら道に迷う心配も無くお酒も気兼ねなく飲める

・その他の公共交通機関を利用するよりもリーズナブルで参加人数が多ければ多いほど一人当たりの単価が安くなってお得

などがあります。
多くの人が利用する公共交通機関だと人目が気になり小さい子どもを連れていると色々と苦労がつきまといますが、貸切バスなら知り合いしかいない環境なので子ども連れでも心配ありません。
乗り換え不要で体力を温存することも可能ですし、足腰が弱めで長時間の歩行が困難なお年寄りにとっても好都合です。

自由度が高いというのが貸切バスの最大の魅力

とにかく自由度が高いというのが貸切バスの最大の魅力です。

バスの種類も豊富に揃っていて、座席数が多い大型バスもあれば小規模な旅行に最適なコンパクトなタイプのバスもあります。東京 貸切バス 料金

大型バスにはトイレも設けられていて安心です。
カラオケやDVDプレーヤーなど車内で楽しめる設備も充実していますし、Wi-Fi環境が整っているバスも数多くあり、バスの中でパソコン作業をしたり通信費を気にせずにスマートフォンで動画視聴を楽しんだりすることも可能です。
自家用車だとスペースが狭くて窮屈さを感じることもありますが、バスのシートは一人ずつ独立していて安定感抜群で座り心地も良いので長時間乗っていても疲れません。

まとめ

疲れてしまったら寝たいときに寝ることが出来るというのも嬉しいポイントですし、それぞれ自由な過ごし方が出来るというメリットもあります。
ストレスを取り除くために旅行をしているのに、移動にまつわるストレスを感じていたら元も子もありません。
貸切バスで快適でストレスフリーな旅行を楽しみましょう。

【ユニセフまとめ】貧困に苦しむ世界の現状

日本にも経済格差が存在し、日々、楽ではない暮らしを送っている層も存在します。
しかし、世界の貧困と比べてみると、それなりの生活ができている日本は豊かさがあると言えます。
海外には日本では考えられないような厳しい環境の中での生活を強いられている現状もあり、抜け出せない貧困と隣合わせの暮らしが日常となっているのです。

アフリカは長きに渡り貧困が続いている

中でもアフリカは、長きに渡り貧困が続いています。
人口が多く若年層も豊富に存在するにも関わらず、改善への足取りがスローです。
なぜ経済的な成長が遅いのか、ひとつの理由に教育問題が挙げられます。
学校に通うことができない子供たちが多くいるのが現状としてありますが、そもそも学校自体が少なく学ぶ場に恵まれにくいです。
かといって誰でも学校に行けるわけではなく、経済的に苦しく通いたくても通えないケースも多いです。
家計を支えるために子供たちが働く必要もあり、学校どころではありません。
さらには学校自体の設備も十分とは言えませんし、教育を受けていない親も多いために、教育自体の大切さも理解されていないのです。
日本はもちろん、世界の経済大国では学校教育がいかに重要であるかを理解していますが、アフリカはそうではありません。

健康面においても厳しい現実がある

教育の必要性を大切に感じられていないがために、多数の層は学校とは縁遠い生活を送っており、それが普通として存在しているのです。
そうしたスパイラルから抜け出さない限り、生活を変えていくことは困難であるにも関わらず、容易には変えられない負の状況に落ち込んでしまっています。
健康面においても厳しい現実があります。
日本ではお腹が減ったら冷蔵庫を開ければ食べ物があったり、スーパーや飲食店などに行けば簡単に食料を手に入れたりすることができます。
これは当たり前の光景としてありますが、アフリカにはそんな当たり前が存在しません。
満足に食事もできないことで栄養失調に苦しみ、特に体力のない子供たちは生命の危機に常に晒されています。
農作物などを育てる努力も行われていますが、気候が安定しないエリアゆえに簡単なことではありません。

安全性の低い水を飲めば健康へのリスクともなる

さらには生命の根幹である水に関しても、きれいなものではないのです。
濾過されていない泥水が生活用水になっているのが日常で、蛇口を捻れば安全できれいな水が出るといった日本では考えられない光景と言えます。
しかしそれがリアルな生活であり、安全性の低い水を飲めば健康へのリスクともなり得るでしょう。
安全繋がりで言えば、医療が発達していないのもアフリカが抱える大きな問題のひとつです。
医療インフラの整備は世界のどこでも重視される課題ですが、アフリカでは病院自体の数が少なく、何かあった時にもすぐに治療を受けることはできません。
お金も掛かりますので生活が苦しい人は、病院へ行くこと自体が困難です。
日本では適切な治療を施すことで助かる症状、例えば下痢や肺炎、脱水などで亡くなってしまうケースも少なくありません。
万全の医療体制が整っていれば健康的に過ごすことができたはずの命も、環境が整備されていないことでたやすく失われてしまいます。
その他にもアフリカは、紛争問題や正常に機能しない政府の存在などにより、経済が上向きにくい現状がありますが、日本からすると想像しがたいリアルがそこはあるのです。

日本ユニセフなどの団体で募金を行う

世界がより幸せになるには、諸外国からの支援が必要不可欠と言えます。
では、我々日本人はどのようなアプローチで手助けをすることができるのでしょう。
身近なのはやはり募金を行うことです。
日本ユニセフなど支援活動を行っている団体もありますので、寄付をして間接的に生活を手助けすることが可能です。
個人でできるわずかばかりの募金ではあまり意味がないように思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
たとえ少額の募金でも、それがワクチンとなり救える命が生まれます。
また、あなたの募金によって異国の地の子供たちの勉強道具を買うことができ、大切な教育を受けられるようにもなるでしょう。

参考データ:日本ユニセフ協会が行う「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」について

ボランティアを検討してみる

より沢山の人たちの善意が集まればそれだけ大きな力を生み出しますので、一人ひとりが世界に目を向けて支援の輪を広げていくことが重要なのです。
現地へ行って直接的な手助けをしたいという人は、ボランティアを検討してみるのも良いかもしれません。
誰でも行けるわけではなく、条件をクリアしなければいけないというハードルもあるものの、リアルな生活を見て自分で行える手助けを考えてみるのも良いでしょう。
現在ではインターネットを通じて簡単に情報を発信することができますので、経験を通して現状を伝えるのも意義がある役割と言えます。
なお、ボランティアについては随時、NPOやNGOから募集が出ています。
その時々で状況が異なりますので、常に最新の情報をチェックしておくことが大切です。

まとめ

また、実際にボランティアに行った人の感想なども参考にしながら、自分たちには一体どのような支援ができるのかを深く考えてみてはいかがでしょうか。

住宅展示場の上手な活用術

1)住宅展示場の上手な活用方法

家を建てようと思った時にまず最初にやることとして、多くの人が住宅展示場へ出かけると答えるかもしれません。

せっかく将来のマイホームのことを考えて、住宅展示場に出かけるのであれば、何となく出かけるのではなく、それぞれの特徴を知って、チェックするポイントなどを押さえてから出かけたいものです。

まず最初に住宅展示場の見所ですが、個性豊かな様々なタイプのモデルハウスが集まっているので、一度に様々なタイプの住宅を見ることが可能です。

カタログを眺めていても、実際の設備や素材、使い勝手や広さなどは実感することはできません。

モデルルームに訪れることによって、これらのことを自分の目で確認できるでしょう。

また断熱や遮音、遮熱などといった性能についても体感することができます。メーカーによってはサンプルが用意されているところもあるので、これらはぜひともチェックしておきたいところです。

またセンターハウスと呼ばれる受け付けのあたりには、それぞれのモデルハウスには置いていない、住まいに関する情報がたくさん寄せられています。

自由に持ち帰ることができるパンフレットなどもそろっていることから、このようなものも十分に活用したいところです。

住宅展示場を十分に活用するためには、心構えや準備も必要です。

まず最初に建設予定の敷地の状態や規模、周りの環境などについて整理しておくことが求められます。

場合によっては、まだ土地が決まっていないという人も多いことでしょう。

このような場合には、自分が希望する敷地の条件を、わかる範囲でまとめておきたいところです。

場所や予算、広さなどがあげられます。

また自分たちが所有している家具や洋服などといった収納が必要となるものの量についても把握しておきたいところです。

これらを把握しておくことによって、自分たちにどれくらいの収納スペースが必要なのかということもわかってきます。

 

2)ライフスタイルなどを確認し、理想の住宅をまとめてみる

そして現在住んでいる住宅の好きな場所や好きなものも確認することもよい方法です。

例えば風の通りがさわやか、日当たりが良く日だまりがあるなどといった自分たちが気に入っている面は、これからも受け継いでいきたいものです。

反対に現在の住宅における不満や不便な点などについて書き出して見ることも大切です。

これらの問題を解決することが、理想の住まいに近づく一歩となるでしょう。

また現在の自分の家族のライフスタイルについて、シミュレーションをしてみます。

友人や来客は多いのか、それとも家族だけで過ごす時間を大切にすることに重点を置くのかによっても、理想の住宅は異なります。

もしも友人を誘って楽しみたいというのであれば、ホームパーティーができるような広さや、バーベキューができる広い庭が必要となるでしょう。

子供をのびのびと日向で遊ばせたいなどというように、自分たちが生活を楽しむための空間をつくるためにも、ライフスタイルや趣味の過ごし方についてまとめてみることも大切です。

これらを踏まえたうえで、いよいよ住宅展示場見学の当日を迎えます。

最初には建物の外観が目に入るので、印象が気になることでしょう。

このような家がよい、外壁が好み、和風がよいのか、それとも洋風がよいのか、両方を取り入れたいのか、近年はやりの北欧風がよいのかなど様々なテイストの住宅が見られます。

 

3)実際に住むとなったことを想定して見学する

この中から好みのものを見つけ出してみましょう。

複数の好みのものがあれば、それぞれのよいところをとった案も活用することができるかもしれません。

その後自分たちの理想を思い浮かべながら、そして家族の生活をイメージしながら見学を始めます。

玄関やリビング、キッチンの広さや立地、日当たりなども確認していきましょう。

一番大切なことは家事動線ともいえます。

自分たちにとって便利に過ごすことができるかどうかも確かめる必要があります。

また収納についてもそれぞれの部屋ごとに収まるかどうか、またどれくらいのスペースが必要になるのかなども考えていきます。

近年では見せる収納なども人気を上げていますが、これらもよく考えておきます。

ここで大切なことは、実際にここに住むとなった場合のことを想定して見学するということです。

見た目の判断だけではありません。

これから長い年月暮らしていくことを考えて、性能やメンテナンス方法、また一番大切な金額などについても確認しておく必要があります。

住宅展示場には様々なタイプのモデルハウスが存在しています。

それぞれに特徴があり、自分たちにとってメリットやデメリットもあるので、それらを一つずつとらえていく必要があります。

構造の広報や省エネ、エコ住宅や子育て応援住宅、ペットと暮らすことのできる住宅などといったコンセプトや設備について、またインテリアなどにも特色があるでしょう。

どのようなタイプが自分たちの家族を満足させることが出来るのか、そこに自分たちのアレンジなども加えながら検討していくことが求められます。

開放感と高級感が魅力のローベッド

1.ローベッドの特徴と魅力

ベッドというとある程度の高さのある足と土台があり、眠る場所を床から離しているものというイメージを持っている方もいるでしょう。

床に直接布団などを敷いて寝るのと比べ、ほこりなどを吸いにくいイメージがありますし、洋室にもピッタリなので利用している方が多いでしょう。

しかし、あまり高さがありすぎると使いにくくなることもあります。

足の長さに合わないような高さがあるタイプの物は乗り降りも大変で、寝返りなどを打って落下したときに体にダメージを受けてしまうということもあり得ます。

そういったことを防ぐためにお勧めなのがローベッドという形です。

ベッドの足部分が低く設定されていて、高さがあまり出ないようになっています。

ベッド自体の高さがそれほどなくても、厚みのあるマットレスを使うとそれだけでかなりの高さになってしまうという事もあるので、普通のベッドでは使いにくいというときに使うと適度な高さを保つことが出来ます。

 

2.部屋の中に置いていてもそれほど圧迫感がない

脚は低くても床からは少し離れているので、床に直接寝ている時よりも布団などが直接床に接しにくく、埃を吸いにくい状況になるという事は普通のベッドと同じようなメリットがあります。

高さを抑えることが出来るので、ベッドから落ちても体への影響が少なくて済み、お子さんがいるご家庭などでも使いやすくなります。

高さが無いという事で、部屋の中に置いていてもそれほど圧迫感がないという事も嬉しいものです。

高さのあるベッドは部屋の中で目につきますし、その分部屋を狭く見せてしまいがちですが、ローベッドは高さが無い分視線を遮りにくく、圧迫感を感じにくくなるのです。

部屋のスペースが限られていて広く見せたいという方はこうしたローベッドを中心に探してみるのが良いでしょう。

 

3.ローベッドはデザインも豊富

これまで不通に布団を床に敷いて寝ていた方がベッドを使いたいけれど、いきなり高さのある物を利用するのは不安という場合にこうしたローベッドを中心に探してみると移行しやすいでしょう。

高さが抑えられるので、床に寝ているのと似たような感覚で使え、衛生面でのメリットもあります。

ベッドフレームはいろいろなデザインのものがあります。

これは通常のベッドと同じですから、出来るだけ多くの商品を見たうえで、自分の求めるインテリアに合いやすいものなどを探してみるのが良いでしょう。

睡眠は私たちの人生において重要なものですから、快適に眠ることが出来る環境を整えていくことは必要です。

・・・ローベッドのクイーンサイズやクイーンベッドの通販はCASA HILS