月別アーカイブ: 2022年11月

羽子板はいつ頃購入すれば良いのか

「羽子板の由来が知りたい」
「羽子板の購入時期が知りたい」
「羽子板は誰が贈るの?」

生まれてきた赤ちゃんが初節句を迎えるにあたり、五月人形や雛人形を購入するのは有名な話です。
しかし日本には古来から、生まれたきた赤ちゃんが初正月を迎えるにあたり、羽子板や破魔弓をお祝いとして贈る風習があります。
非常に美しい風習の1つとも言えるでしょう。
女の子が初正月を迎えるにあたり羽子板を送って飾り、その後の健やかな成長、また幸せな人生を願うと言うものです。
この初正月のお祝いである羽子板は、誰がいつ購入するものなのか、いつ頃購入すれば良いのかと気になっている人は多いことでしょう。
赤ちゃんが誕生するとお宮参りやお食い初め、初節句など、次々に多くの行事を迎えることになります。
住んでいる地域、また親族の中には、昔からの風習を気にかける人が非常に多く見られます。
このようなことから、基本的な情報についてはしっかりと把握しておくことが求められます。

【特集】デニムソファの魅力と選び方まとめ

羽子板の由来

まず最初に初正月の羽子板の由来は非常に古く、平安時代や室町時代まで遡ることになります。
この頃は邪気払いの行事に用いるケースが多かったのですが、少しずつ厄除けの意味で正月に飾る腐臭が生まれていきました。
長い歴史において、空中での儀式の用具であったものが、だんだんと厄除けの正月飾りになり、その後赤ちゃんの誕生祝いとしてプレゼントをし合うことになり、江戸時代を過ぎると赤ちゃんに無病息災のお守りとして贈る習慣が広まっていきました。
飾る時期は正月事始めから小正月までとされていますが、近年では年中飾りとして飾っているケースも多く見られます。
せっかく赤ちゃんの初正月のお祝いなので、できるだけ長く家族で楽しみたいものです。

羽子板の購入時期

いつ頃購入するのが良いのかと気になる人も多いかもしれません。
だんだんと年の暮れになると、全国各地において羽子板市などが開かれることになります。
日本においては浅草寺のイベントが非常に有名です。
しかしこの時期を待って購入するとなると、正月事始めには間に合わなくなってしまいます。
特に赤ちゃんが初正月を迎えるとなると、12月の初めには手元に届いているのが理想です。
このようなことから12月に入ってから購入するのでは遅いことがわかります。
1番目の狙い目は11月中旬と言えるでしょう。
毎年11月中旬ぐらいになると、人形販売店においてはだんだんと店頭に並べ始めます。
人気のある商品からどんどん売れてしまうため、欲しいものがあれば早い段階で購入する必要があります。
これらは伝統工芸品にあたり、職人たちが丁寧に立ち作業で作り上げます。
量産されるものではないため、人気のデザインのもの、有名な職人が手がけているものなどは、早めに購入する必要があります。
特に赤ちゃんの初正月のお祝いとしてできるだけ素敵なものをプレゼントしたいと考えている場合には、品揃えが豊富な11月中に購入するのが1番です。

羽子板は誰が贈る?

近年では壁にかけられるタイプも非常に人気を集めています。
この羽子板は母方の親が贈る風習がありますが、なぜこのような風習が生まれたのかと気になる人も多いことでしょう。
現在ではそれほど一般的なものではありませんが、以前までは結婚する際に結納金や嫁入り道具が必要となっていました。
以前の日本においては、結婚する女性は相手の男性の家に嫁ぐことになり、夫の両親と同居するケースがほとんどだったのです。
嫁ぎ先が結納金を、そして女性の実家は嫁入り道具を用意するものが一般的な事となっていました。
嫁入り道具と聞くと家具や裁縫道具などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実はこれから生まれる赤ちゃんが使うものも用意するのが一般的だったのです。
このようなことから子供の節句に使うお飾り、お守りなども、嫁入り道具として女性側の実家が準備することが多く見られました。
最初から嫁入り道具としなければ、両親は節句などの祝い事があるたびに、贈り物を用意して嫁ぎ先を訪問したのです。
このようなことから、子供が誕生した際の贈り物は、母方の実家が用意するものという考えが定着しました。
現在においては核家族化も進んでいて、嫁入りの概念も失われています。
親と同居をしない夫婦も多く、女性が妊娠するとその母親が出産準備を手伝う、生まれた赤ちゃんのお世話をするなど、嫁側の両親が子供や孫に会う機会も増えています。
昔からの習わしよりも、子供夫婦との距離が近いこと、また孫に会うたびに何かをあげたいと言う気持ちから来ているとも言えるでしょう。

まとめ

とは言え近年では赤ちゃんの初正月の物等は、両家の実家が相談し折半して購入するケースも多く見られるようになりました。
以前ほど親子間の距離感もそれほど遠いわけではなく、父方と母方の実家同士の関係も近くなっていることも関係しているのでしょう。
もちろん父方の実家の方が近い、親密な関係であるなどの理由で、父方が送るケースもあります。
その過程により子供の性別でどちらが負担するかを分けたり、一人目、二人目の人数で順番に負担する方法もあります。
大切なのは子供の幸せを願うことであり、華やかにお祝いしてあげられると良いでしょう。

松澤氏のススメ!転職は人材紹介会社を使ったほうが良い時もある

「転職を考えている」
「人材紹介会社の特徴が知りたい」
「株式投資に詳しい松澤弘康さんについて詳しく知りたい」

人材紹介会社の人材コンサルタントと転職希望者は、大体は利害が一致し共通の目的を持つパートナーでもあります。
互いに早く決めたくて新しい給料も高い方がよく、決まらないと紹介会社も収入にならないので、可能性がある企業に積極的に交渉してくれるため時間も短縮出来ます。
さらに採用する企業からされる人の年収にあわせた手数料を取るので、なるべく高い給与で決めたいと考えてから交渉をします。

【徹底検証】松澤さんが考えるピンタレストの魅力

松澤弘康さんが考える金銭面での条件交渉

大きなメリットは金銭面での条件交渉がしやすいことで、大体はお金の話をするのは苦手であり、さらに検討してから断るときにも人材紹介会社を経由すると気が楽です。
通常は新しい年防の25%~35%程度の手数料を採用する企業から取っていて、これは企業にとってはコストアップの要因になるので、希望する企業に直接コンタクトが取れるなら紹介会社を利用しない方がいいです。

決めないと収入にならないので手持ち案件の中で早く決めようとする傾向が強く、本人の意向を尊重する態度を取っていても早く決めたいと言う意思が働くため、ベストな職業でなくても決めてしまう恐れもあります。
さらに企業と自分との間で紹介会社が介在すると、情報が正確に伝わらないこともあって紹介会社が全ての業務に精通しているとは限らないためです。

参考ブログ
松澤弘康の投資信託

転職に関しての情報も豊富

基本的には良い相談相手になってくれて、転職に関しての情報も豊富です。
人材紹介会社の信頼度や実績などを見る必要はありますが、活用してみるのはおすすめで電話がかかってくるときも、何らかのチャンスを持っていることも多く会ってみても損はないです。
相手の会社の実績や業務について詳しくわかっているか確認し、相談相手にするのがおすすめです。

知り合いからの紹介だと、相手の会社の事情や自分のこともよく把握していて向いている就職先を紹介してくれるなら最も恵まれた形とも言えます。
紹介者が相手の会社の適切な人に、良い時期に紹介してくれるなら大変都合が良くて同年代の社員へ会社の様子をヒアリングしたい時、採用の決定責任者に直に働きかけたい場合など、こちらの都合にあったセッティングをしてくれるなら助かります。
求人広告をみてから、履歴書を送って面接を受けられるか、普通の活動での手間や緊張感なども味わう必要がありません。

知り合いの場合で困るのは断ることが難しい

知り合いの場合で困るのは断ることが難しいことで、紹介者は候補者が会社に向いているかを推薦していることがあって、相手も期待を持っていて権限がある人が時間を作って出会ってくれることもあります。
これで断ると紹介者の顔をつぶすことになり、何となく気が進まないなどの理由だと断れません。
相手の会社で紹介出来る知り合いの、さらに知り合いが必ずしもぴったりのポジションの人と限らず、働きたい部署の人出ないと適切な人に繋いでくれない恐れもあります。

自分という商品を売る商談ともいえて、使える人間関係は活用したほうがいいです。
商売では紹介者を辿って、相手の会社などにアプローチすることは多く恥でもありません。
色々注意するべきことはありますが、紹介者を活用するのはよいことで、有能なビジネスパーソンだと興味を持った会社にも自分から接近し、これが本来の活動とも言えます。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業だと仕事が増えていて業績が伸びている会社が多く、活気もあって一体となって自分も成長していると実感できる貴重な職場もあったりします。
新しい仕事も多くて社員も若く、自由度もあって創意工夫の余地が大きいです。
仕事のやり方が決まっていて、上司や先輩が詰まっている古い会社にはない働き甲斐もあります。
株式公開や成長力がある会社だと、そのあとも社員が自社株やストックオプションなどで大金を手に出来る可能性もあり、若くして大金持ちになることも珍しくないです。

ただ、期待どおり成長するときは良いですが、少しの失敗で会社が傾く恐れもあるのもベンチャー企業です。
ハイリスクな勤務先で、さらに人使いが荒いことでも知られてます。
株式公開もしている会社だと経営者や創業者は富を得ていて、社員たちは安い給料で仕事ばかり忙しいこともあり、これだと肉体的にも精神的にもきついです。
さらに、強い個性を持っている創業経営者のワンマンカンパニーが多く、社長とあわなくなると働きにくいだけでなく、最悪クビになる恐れもあります。

まとめ

ベンチャー企業へ就職する場合、経営者との相性が良いことと、再度転職しないといけなくなっても世渡りが出来る自信があることが重要です。
新しい仕事でも数年で覚えることが出来て、自分の身になるなら少しリスクをとっても大丈夫です。
会社の先行きを見通すにはプロでも難しく、株式公開の時期などの損得もありますが、将来思いもよらない大きな大金や仕事が手に出来る可能性がなくもありません。
もし、どうしても最悪の状況になったら、もう一度転職をすればよいだけで、ベンチャー企業のチャンスにかけてみるのも、リスクがあったとしても張り合いもある選択と言えます。