月別アーカイブ: 2022年12月

太陽光発電と蓄電池を併用するメリット

「太陽光発電の設置を考えている」
「蓄電池のメリットを知りたい」
「光熱費を下げたい」
「エスコシステムズさんの蓄電池の評判は?」

太陽光発電システムを活用する方法には、電力を自家消費する、災害に備えて非常用電源を確保することなどが挙げられます。
特に自然災害の多い日本においては、このようなシステムへの関心は非常に高まっていることがわかるでしょう。
太陽光から電気を作る太陽光発電、さらには電気を貯めておくことができる蓄電池の併用には、大きな注目が集まっています。

【関連】エスコシステムズ人事担当者のブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/escosystems

エスコシステムズから学ぶ太陽光発電と蓄電池を併用するメリット

太陽光発電で作った電気を夜でも使うことができる

太陽光発電と蓄電池を併用することにはメリットがありますが、その1つが太陽光発電で作った電気を夜でも使うことができることです。
太陽光発電が利用できるのは、太陽が出ている時間帯だけと言えるでしょう。
夜間になると太陽がなくなってしまうので、その時間帯には先生することができなくなってしまうのです。
しかしこのような時に蓄電池を併用することで、太陽光で発電した電気を貯めておくことができるようになるのです。
昼間に電力を貯めておくことにより、発電が行われない夜間の時間帯、雨や曇りなどの悪天候の際にも使うことが可能となります。
発電した電気を無駄にすることもなく、自家消費することには大きく役立つことがわかるでしょう。

エスコシステムズの提案する省エネ事業

光熱費を大きく節約することができる

さらには光熱費を大きく節約することができる点もメリットと言えるでしょう。
太陽光で発電した電気を効率よく自家消費し、購入する電力を減らすことにより、大きな節電や節約につながります。
具体的にどのような節約になるのかと言うと、深夜電力の安いプランを契約して、電気代が高い日中の時間帯には、太陽光で発電した電気、そして蓄電池の電気で消費を賄います。
特に固定価格買い取り制度が終わった後は、買取価格が購入価格よりも安くなってしまうことから、できるだけ自家消費をした方がかなり得になっています。
電気代の安い深夜の電気を蓄電池にため、電気代の高い日中に放電して使えば、余った電力を売電に回すことも可能になるかもしれません。
制度が終わる前であり売り、価格が電気代より高い場合などには、うり田の量を増やすことも1つの手段と言えるでしょう。

災害や停電に対して大きな備えになる

さらには災害や停電に対して大きな備えになることです。
太陽光の設備の場合には、天候や日照量などに左右されることが大きな弱点です。
このようなことから単体で設備を扱っていたとしても、雨が降っている時や夜間の電力をまかなえないこともあります。
非常用電源、ライフライン等として活用するのであれば、ソーラーパネルだけでは充分とは言えない状態です。
これに加え蓄電池を設置することで、より確実な備えになると言えるでしょう。
具体例を挙げると冷蔵庫やテレビ、パソコンやスマートフォン、照明を同時に使うとして、どのぐらいの時間、電気を使えるのかをしっかりと把握しておきましょう。
蓄電容量が5kwhの場合には約9時間を、9.8kwhの場合には約18.5時間となります。
昨今の自然災害においても、台風により大規模な停電が発生しました。
このときにはなんと電気が復旧するまでに数週間かかったこともあったのです。
消費電力は住宅の大きさ、家族の人数やライフスタイル、非常時に使う電気機器の数などに応じて大きく異なります。
これらをよく見極めた上で、蓄電池の容量をどれぐらいにするのかを決めることが大切です。

【参考】災害時、蓄電池は本当に役に立つのか?

太陽光発電と蓄電池を併用することのデメリット

費用がかかる

このようにメリットがあるものの、反対にデメリットがあるのも事実です。
太陽光発電と蓄電池を併用することのデメリットとしては、なんといっても費用がかかることです。
とは言え近年では蓄電池の需要が増したり、生産が拡大したことで、比較的安い製品も出てきているのです。
家庭用の蓄電池の導入にあたっては、補助金が降りる可能性もあるため、自治体で確認してみると良いでしょう。
本当にお得になるかどうかについては、専門家から経済的なメリットと導入コストの比較、資産のアドバイスをもらうのが良い方法です。
さらには一括見積もりサイトなどを使って相場を知ることで、より安く導入する方法を検討することが可能です。

設置スペースの確保が必要

デメリットの2つ目に挙げられることとしては、設置スペースの確保が必要であることが挙げられます。
蓄電池を併用するとなると、設置する場所をさらに確保する必要があります。
一般的なサイズとしては、エアコンの室外機程の大きさで、重さは50キロから100キロほどです。
10年以上設置しなければならないため、どのような生活動線であるのかを考えた上で設置場所を決める必要があります。
屋内に設置するものもあれば屋外に設置する機種もあります。
家の広さ、庭があるのかどうか、家庭の事情は様々であるため、それぞれの家庭に見合った製品を選択することが大切です。
近年ではベランダにも設置できるような小さなものも出てきているので、このようなものを導入するのも1つの手段といえます。

まとめ

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかるので、本当に導入しても大丈夫なのかをよく見極めた上で、家庭に見合った機種を選ぶようにしましょう。