エスコシステムズの提案する省エネ事業

■エスコシステムズとは

エスコシステムズは省エネ事業を短期的なコスト削減だけではなく、長期的な視点におけるコスト低減のサイクルとして提案する会社です。

現代の省エネ事業の多くは長期的には経済効果が高いものの、短期的には設備を導入するコストが大きくかかり、またその先行投資が実際に効果を生み出すまで長い時間がかかることや、その間の様々な変化によりその効果が保障されないと言う欠点があります。

そのため、本来は多くの人にその効果をもたらすものでありながら、先行投資ができる財力を持った人にのみその恩恵が与えられると言った側面があり側面があり、かつ投機的な要素もあると言う問題があります。

このような問題はこれまでも様々な場面で議論されてきましたが、実際には多くの経済的事情が絡むため、直接的な問題の解決には至らない母まで現状を迎えています。

エスコシステムズが提案する長期的な省エネ事業は、最終的には先行投資をなくし、日々の省エネの活動の中で得た資金を設備の運用に回すことで長期的な視点での経済的効果と省エネに対する意識の高揚を目指す事業です。

近年では地球環境に配慮する側面から自然エネルギーの効率的な利用が叫ばれています。

太陽光発電を中心とする自然エネルギーの利用は非常に効率が良くかつ自然環境にやさしいエネルギー調達の方法として注目されていますが、その発電の仕組みを整えるためには多額の先行投資を行い発電環境を整える必要があります。

そのためこのエネルギーによる恩恵を受けることができるのは一部の発電環境を整える資金を持っている人たちに限られ、その他の人たちは発電環境を整えることができないためにその恩恵に来付けることができません。

これは自然エネルギーを効率的に利用し省エネ事業を普及させる上での大きな妨げになっている理由でもあるのです。


画像引用:エスコシステムズ

■誰でも簡単に省エネの環境を整えることができる仕組みを作る

エスコシステムズが提案する省エネ事業は、最終的には発電設備や省エネ設備を整えるための先行投資をなくし、誰でも簡単に省エネの環境を整えることができる仕組みを作ることにあります。

発電環境を整えるための資金を先行して環境を整え省エネを実現している人たちから融資を受け、この返済を自らが省エネで得た利益で返済するスキームを作ることで相互に省エネ環境を整えるための基盤づくりを行い、結果として先行投資を行うことなく省エネ環境を整えることが出来るようになるものです。

この事業を推進すること、一人ひとりの日常的な負担を軽減することができるほか、個人的な先行投資を行わなくても良い省エネ環境を実現した恩恵を受けることができ、その利益を社会に還元することができるスキームを作ることができます。

さらにエスコシステムズの提案する省エネ事業は、地球環境の保護にも大きな貢献をすると期待されています。

現代社会においては地球環境の保護のために必要な事業であると多くの企業に叫ばれていますが、実際にその環境保護の対策を実現している企業は非常に少ないものです。

その理由は先行投資の金額が大きく、大企業などの多額の出資ができる体力がある企業は実現できるものですが、そうでない中小企業にとってはこの設備のための投資を行うことを義務づけることは経営基盤に対しての影響が大きいことから実際には実現されていません。

そのため地球環境の保全に関する対策についても中小企業についてはその対象とはなっておらず、十分に実現できていない側面があります。

そのため様々な規制の中で地球環境の向上化を図ろうとしても、実際には経済的な理由で実現できない背景があるのです。

このような状況を流するためには中小企業のような経済的な体力がない企業においてもスムーズに省エネの対策を行うことができるような環境を早急に整える必要があります。

■テスコシステムズが提案する省エネ事業

テスコシステムズが提案する省エネ事業は、このような中小企業に対しても積極的に省エネに参加してもらえるような環境作りを行うためにも非常に重要な事業とされています。

中小企業から大企業までが総合的に地球環境の保全のための省エネルギー事業に参画することで、日本としても総合的な環境対策を実現することができるようになるほか、その効果を存分に高めることができます。

さらに先行投資を伴わない設備導入ができるため非常に気軽に事業に参画することができるようになり、またその利益を還元する仕組みを整えることで総合的な対策が行えることが大きなメリットとなっています。

これまで省エネ対策は様々な場面で様々な案が提案されてきましたが、最終的には経済的な問題のために足並みが揃うは頭頓挫してしまうことが多いものでした。

そのため効果的な対策とはならず、またその設備の有効性が投資の対象となってしまう側面も多かったことから、発電設備の枯渇と言う問題も発生し、効果的な省エネ対策を行うことが難しいと言う側面がありました。

エスコシステムが提案する省エネ事業は、投資と言う側面を廃止し、あくまでもエネルギーの削減を目標として様々な企業が積極的に参加できるような環境作りを行うことにその大きな目的があるのです。