「趣味」カテゴリーアーカイブ

【徹底検証】松澤さんが考えるピンタレストの魅力

「Pinterestの特徴が知りたい」
「Pinterestの始め方や登録方法を知りたい」
「松澤弘康さんがどんな人か興味がある」

ピンタレストは一般的にSNSの一種と考えられていますが、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどとは大きな違いがあります。
ツイッターやフェイスブックは過去や現在に関する情報を、主にテキスト形式で共有します。

インスタグラムはテキストではなく写真や動画が中心になりますが、過去や現在の情報を共有する点では同じです。

ピンタレストは様々なホームページに存在する画像を保存します。

画像そのものをダウンロードして保存するのではなく、ブックマーク形式で保存することになります。

ユーザーはお互いに画像のブックマークを共有できる仕組みです。

松澤弘康氏も注目するピンタレスト

一般的なSNSが過去や現在に関する情報を共有するのとは異なり、様々な画像をブックマークして将来必要な場合に役立てることができます。

松澤弘康という知人がいるのですが、彼もこのピンタレストに現在ハマっているところです。

例えば料理のレシピや観光地の情報などをまとめてブックマークしておけば、料理を作ったり旅行に行く際に便利です。

一般的なSNSは情報を共有して相互にコミュニケーションを取ることが目的となりますが、ピンタレストの場合はコミュケーションよりも将来的に有益な情報を共有することが主な目的となります。

この新しいタイプのサービスは2008年にアメリカで生まれました、日本でも事業を展開しており、2014年には大手広告代理店の電通が業務提携を発表しています。

日本ではまだ他のSNSほど有名ではありませんが、徐々に利用者が増加しています。

有効に活用すればプライベートでもビジネスでも役立てることができます。

ピンタレストの特徴

ピンタレストは様々なホームページ上に存在する画像や動画を自分専用のコルクボードにピン止めして、他の人たちと共有することが可能です。

コルクボードには任意のカテゴリー名を付けることができます。

カテゴリーごとに情報をまとめておけば、後で必要となったときにすぐ閲覧できるので便利です。

また各カテゴリーに保存した情報は、他のユーザーと共有することもできます。

ホーム画面にはユーザーの興味に合わせて他のユーザーが保存した様々な画像が表示されます。

気に入った画像があればすぐに保存が可能です。

サービスを利用するためにはアカウントの登録が必要になります。

アカウントを作成するには、まずホームページにアクセスします。

登録にはフェイスブックアカウントかメールアドレスが必要です。

グーグルのアカウントがあればGmailのアドレスで登録できます。

メールアドレスで登録する場合にはパスワードの入力が必要になります。

またユーザー名と年齢、性別の入力が求められます。

年齢と性別は入力しなくても登録できます。

サービスの利用はブラウザだけでなくスマートフォンのアプリでも可能です。

アカウントの登録時に興味のある5つの分野の選択が必要になります。

5つの分野を選択すればホームフィードが自動的にカスタマイズされます。

登録が完了すると画面の右上に自分のアカウント名が表示され、サービスを利用できます。

画面の右下にあるプラスボタンをクリックすると、プラグインをインストールできます。

プラグインを利用すると、様々なホームページを訪れた際にすぐ画像をブックマークできるようになります。

ネットに疎い人でも簡単に使えるほど!

基本的な使用方法は大きく4つに分類可能です。

知人は基本的にSNSやネットに疎い人物なのですが、そんな彼でもピンタレストは簡単に使えるほど、使用方法はシンプルです。

まずインターネット上の様々なホームページを訪れ、気に入った画像や動画があればピンします。

ピンするとは気に入った画像や動画をブックマークすることです。

ブラウザにプラグインをインストールしている場合には、ボタンを押すだけでピンできます。

さらに他のユーザーがピンした情報を、自分のボードにピンすることをリピンと呼びます。

ピンやリピンではボードに情報がボードに保存されますが、Likeした場合にはLike専用ページに保存されます。

一般的にはまずLikeを利用して、厳選した情報だけをリピンするという使い方をするユーザーが多数派です。

ピンやリピンをするためにはボードを作る必要があります。

ボードは非公開にすることも可能です。

ピンする場合に新たに作成することもできますが、マイページから作成する方法も存在します。

ユーザーは他のユーザーが作成したボードをフォローすることもできます。

ピンとリピン、Like、ボードの作成がピンタレストの基本的な使用方法です。

2014年8月にはメッセージ機能も追加されました。

メッセージ機能を利用すれば、ピンした情報にメッセージを付けて他のユーザーに送信できます。

情報の共有だけでなく、コミュニケーションを取ることも可能です。

まとめ

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムは過去や現在の情報を共有し、コミュニケーションを取ることを目的としています。

一方ピンタレストでもメッセージ機能を利用してコミュニケーションを取ることは可能ですが、将来的に役立つ可能性がある情報を保存・共有することが主な目的となります。

将来性を重視する点で、他のSNSとは大きく異なる特徴が存在します。

近年では個人だけでなく企業による利用も増加しています。

jメールなら初めてでも利用しやすい

安心してパートナー探しができる

近年スマートフォンを利用してSNSを行う方が増えたことにより、遠くに離れて暮らしている人でも気軽に知り合いになったり、趣味を通して友人になる機会がグッと増えてきています。

しかし恋人など結婚を前提にしたパートナー探しをする際にSNSを利用してしまうと、登録時に身分証明など年齢確認などを一切行わないため、18歳未満の利用者とつながりを持ってしまったり悪質な業者に個人情報を盗まれてしまうといったリスクも発生してしまうので、安易にSNSを利用して恋人やパートナー探しをするのは危険だと思っていました。

ただ今の生活環境の中では、異性を気軽に出会う機会もかなり少なくなってしまったので、手軽に恋日を探す方法はないかと色々な方法をチェックしていました。

最初は婚活パーティーや街コンなどに参加することも考えましたが、住んでいる地域では頻繁に婚活パーティーも街コンも開催されていないため、遠方まで足を運ぶ必要があることが面倒に感じていました。

また結婚相談所などもある程度の費用がかかってしまうので、もっと手軽に近くに住んでいる人を探す方法はないかと考えた時に、友人から勧められたのマッチングサイトを利用する方法です。

マッチングサイトというと、出会い系など体の関係をメインに考えている人が登録しているイメージがあったのですが、今回紹介してもらったjメールは登録時に年齢確認として、運転免許証などの身分証明書かクレジットカードのデータを提出する必要があり、18歳未満の利用者がいないなどきちんと管理されている点が良いと感じました。

現在異性と出会う事ができるマッチングサイトや、マッチングアプリなどのサービスは、様々な運営会社が提供しているので、どのサービスを利用するべきかかなり悩みました。

しかしjメールは登録者数が650万人を超えていて運営歴も19年と長く、実績のある会社が提供しているので安心して利用することが出来ると思いました。

このサービスを利用する上で、友人に注意されたのがどんなに大手のマッチングサイトでも、中には悪質な業者がいるかもしれないという点でした。

確かにそういった悪質な業者に引っかかってしまうのは不安もあったのですが、実際に登録をしてサービスを利用してみた感想としては、サービス内で運営が24時間364日体制で悪質ユーザーの監視を行っていることや、ユーザーからの通報機能を設けているので、悪質な業者を見つけしだい報告すれば、アカウント停止や強制退去などの措置をとってくれると説明にあったので、これなら安心して利用することができると思っています。

 

出会いのジャンル分けは利用しやすい

こういったマッチングサイトを利用した経験がなかったので、最初はどんな人がいるのだろうかとかなり緊張したのですが、jメールには様々なコンテンツが用意されており、同じ趣味を持つ人と出会える数多くの掲示板や、自分のアピールに利用することができるブログやプロフィール欄など内容が充実しており、多くの人が利用しているコミュニケーションツールとしてもかなり優秀だと感じています。

実際にjメールに登録している人の中には、体の関係を持つ人と知り合いたいという目的と持った人がいるのですが、こういった直接的な人との関わり合いを持ちたくないと考えているなら、自身のプロフィールを書き込む時や利用する掲示板にアダルト要素を入れないことが重要になると感じました。

アダルト要素がある掲示板を利用したり、プロフィール欄にアダルトジャンルを含んでしまうと体目的の人に関わってしまう確率が非常に高くなります。

サイト内には本気で恋人や結婚相手を探しているという人に向けて、アダルトジャンルの他にピュアジャンルが用意されているので、利用する募集掲示板などもピュア掲示板などを利用すると、同じ目的を持った人と出会うことができる確率が高くなります。

ただ色々な掲示板をチェックしている上で、恋人探し以外にも趣味の合う友達を探すことも可能なので、様々な利用者がいることもこのサイトの魅力の一つだと感じました。

 

おすすめの利用すべき機能

このサービスを利用するなら、まず行うべきことがサイト内で利用することができる無料機能を使いこなすことです。

現在利用することができる無料機能には、掲示板書き込みと日記、ボトルメールの3つがあり、掲示板にはアダルトが6ジャンル、ピュアが3ジャンル、誘い飯にジャンル分けはありません。

掲示板の10ジャンルの内、1日1ジャンルの書き込みのみ無料で利用することができるので、コストを抑えてこのサービスを利用したかったので毎日こまめに書き込みや、日記の更新を行うことが色々な人に自身をアピールする上で大切だなと感じました。

また気になる相手のブログをチェックして、コメントを残すなどコミュニケーションをとることが何より重要です。

初めて利用するときなどはコメントではなく、気になるブログに「いいね」しか付けられなかったのですが、コメントを残すことが何より重要だと気づいてから積極的にアピールするようにしています。

jメールの口コミ・評判

吉野氏が教える映画を観ることのメリット

映画

1.映画好きの吉野勝秀さんが映画を語る!

勉強とか仕事の合間に息抜きとして映画を観に行くという人は結構おられます。
公開時間が決まっているので、何時から何時まで勉強をしてから何時から何時まで観に行くということが可能なのでスケジュールも決めやすいです。

観終わってからの切り替えもしやすいですし、息抜きとしてはとてもちょうどいいと、知人で映画好きの吉野 勝秀も常々言ってます。

もちろんメリットはこれだけではありません。
映画をいうのは感情移入がしやすいですし感情が豊になると言われています。

小説のように固定のキャラが主人公にされているので、映像として視聴ができます。
小説だと想像になる部分がありますが、それとは違いそこにいる主人公に視聴者が感情移入するように作ってあります。

小説よりも共感力を磨くことができますし、それによって他の人の気持ちも自然と理解ができるようになることは間違いありません。
私もいろいろな作品を見ているうちに自然と他の人の気持ちも理解できるようになったと感じています。

2.知識や経験を自分のことのように疑似体験できる

さらに自分が経験をしていないことでも映画を見ることによって、知識や経験を自分のことのように疑似体験をすることも可能です。

観るだけで登場人物たちと一緒に同じような場所にいるイメージを持つことができますし、その人がやっている行動を疑似体験してその人がいる場所も疑似体験できます。

その結果、夢を描くことができたり自分の人間性を形成するお手本にもすることができたりするので、メリットが多いことがわかります。

そのほかにはピンチの時に考え方を学ぶことも可能です。
アクション系を観ているとわかりますが、ピンチをどう打開するのかといったことが描かれていることが多くあります。

観ることによってピンチの時に、自分がどう対処したらいいのかを知ることができるのです。

私も仕事とかプライベートでよくピンチに遭遇してしまうことがありますが、その時はあの主人公のようにかっこよく対処したいとか、あの登場人物のように強く乗り越えようと感じることも多いです。

多くの作品を観ていたことによって視野が広くなりいろいろな考え方ができるようになりましたし、ちょっとしたことでは動揺しなくなった自分がいます。
やはりいろいろな作品を観るということは大切なことなんだなと感じることが多いです。

3.お洒落なセンスを学ぶこともできると吉野勝秀さんは言う

あとはお洒落なセンスを学ぶこともできます。
登場人物のセンスはかなりお洒落な場合がほとんどです。

服装に関してももちろんお洒落ですし、登場人物の服装を学ぶことでセンスを磨くことができるのは間違いありません。
同じ服装をするということはさすがに体型の問題で合わないこともありますが、似たような格好をすることはできます。

こんな色とこんな色を合わせることもできるんだとか、こんなスカートもこうやって着たら可愛いんだなど新しい発見をすることも珍しくありません。

おしゃれになりたいと思っている人はセンスを学ぶことが大切です。
雑誌などと違い動いている映像を見ながら学べるのでわかりやすいですし、多くのことが学べることはたしかです。

4.幅広い年齢層の人と会話ができるようになる

さらに映画を観ることで、幅広い年齢層の人と会話ができるようになります。
名作は年齢を問わずいろいろな人が観ています。

その結果、自分も観ることで幅広い年齢層の人と共通するテーマを持つことが可能となるのです。
私はあまり話が合わない年上の職場の人と、一つの映画の作品のことで会話が盛り上がり初めて気が合うと感じたことがありました。

あんなに気が合わないと思っていたのに、一つの作品をきっかけにして会話が盛り上がったので感動したのを覚えています。
相手も、作品を観て私と同じ気持ちを持っていることがわかった時は本当に嬉しかったのです。

初めてこの人ともっと話したいと心から感じました。
ずっと気が合わないと思っていたのに、その作品がきっかけになり仲良くなったのはよく覚えています。

その年上の方は仕事を今はやめてしまっていますが、仕事を辞めてからも定期的に会うようになっているので自分でもびっくりです。

5.映画を観ることが趣味というと万人からのウケがいい

そして映画を観ることが趣味というと万人からのウケがいいというメリットもあります。
ゲームが好きとか読書が好きというのももちろんいいのですが、人によっては暗いイメージを持ったりします。

でも絶対に暗いイメージなんて持たれませんし、どんな作品を観ているの?と聞かれることもあり、そこから会話が盛り上がることも決して珍しくありません。

小説の場合は何日もかけて読むということが多いですが、そんなに時間がかかることもないです。
どんな作品でもたいてい2時間とか3時間あったら観ることができます。

たしかし2時間とか3時間の間席に座って観ることが苦痛だと感じてしまう人もおられると思いますが、逆に言えばその程度の時間にさくっと観ることができるので手軽に楽しめるというメリットがあります。

このようにメリットが多くありますし気分転換をすることもできるので、時間がある人はいくつかの作品を観てみるといいです。