実業家に大切な目標とは?光本氏から学ぶ

「実業家に求められることを知りたい」
「サラリーマンを辞めて起業しようか悩んでいる」
「光本勇介氏に憧れている」

会社員は自分の自由ではなく利益を追求して儲けを生み出し、その中から給与をもらうようなシステムの中で存在しております。
個人の人権や自由は認められているものの、雇用契約によって社訓を守りながらビジネスマンとして振舞わなければなりません。
営業だった場合には自社のサービスや製品を売り込んだり、逆に良い商品を見つけて売買契約を結ぶこともあります。
さらに代金の回収やレンタル用品の回収、製品の納入や挨拶回りや新製品の紹介のためにパンフレットを持参するなど、相手と自分の利益を守りながら会社に対して貢献をしなくてはいけません。

解雇事由は法律によって制限されている

もしも損害を与えるようなことをしては、規則に則り解雇されるケースもあるのです。
しかし通常の勤務の中では、解雇事由は法律によって制限されているので常識と良識に従うことが求められております。
実業家は会社員ではないので世間的な良識や法律を順守しながら、利益を上げるために自分の意思で行動を行うことが出来るのが特徴です。
規模によっては株主がおり自分だけの所有物ではないので、会社の運営は適切に行わなくてはいけません。
故意に株主に損害を与えてしまうと訴訟を起こされてしまったり、賠償をしなければいけないこともあるので経営者はより法令順守の意識を持たなくてはいけないのです。
大きな会社であればあるほど責任は強くあり、無責任な行動は自分だけではなく自社の社員や株主だけではなく、顧客やユーザーにも損害を与えてしまう結果になりかねません。

責任とリスクと利益は紙一重の存在

責任とリスクと利益は紙一重の存在なのです。
世の中には潜在的なニーズが数多く眠っており、たとえば空き家が問題に会っているのならばリノベーションを行い貸し出すことで、地域の活性化や収益に繋げることが出来るかもしれません。
街単位で行うことはスモールビジネスでしかありませんが、県や全国でこうした空き家問題を解決出来るプラントビジネスを並行させれば大きな種駅に繋がることも期待出来ます。
こうした潜在的なニーズやビジネスを鋭い嗅覚で察知して、誰よりも早くシステム化することが出来るのも実業家の力と言えるかもしれません。
株主と社員を守りながら新しい道を探してゆき、法務と総務のインフラを整えながらシステム化することで、会社の仕事にすることが可能になるのです。
発明家も実業家と言えるかもしれません。
たとえば即席のカップ麺を開発してリリースした人は、その後海外にも製品を輸出するぐらいに成功しました。
海外の現地工場を設立して、現在では世界中で需要があります。
当初は数人で始めた事業ではあったものの、ニーズは莫大であり企業努力を重ねて更なる飛躍をしたのです。

10年20年の時間を経過するとガリバーブランドへ成長することも

スタートアップ企業はよく赤ん坊にたとえられますが、10年20年の時間を経過するとガリバーブランドへ成長することもあります。
自分の事業を子供や後継者に託して、新しいビジネスを開拓したりボランティア制度を充実させて社会の役に立つなど、大きな影響力を持ち第二の人生を歩む創業者もいるのです。
人生設計に正解はありませんが、他人の役に立つ気持ちやより良いサービスを生み出すこと、原動力はアイデアを考えて実現するための行動力が大切になります。
インターネットは直近20年で1番市場が拡大したビジネスであり、当初は大学や軍事関係のデーターベースとして使われているだけの存在でした。
一般に開放することで脳のシナプスのような構造体に変化して、集合知としてのビッグデーターに成長しております。
今後は人工知能やプログラムによってさらに大きな知力になり、電脳空間だけではなく現実的な家電や仮想空間と結び付けて、より利便性を上昇させてゆく取り組みがされているのです。

企業をする時には自分の持つ能力が重要

こうした技術革新は大きな企業だけではなく、社員数人のスタートアップ企業も参入しております。
やがて小さな芽が大木になるように、スタートアップ企業からガリバーブランドが育ってゆくのです。
人の役に立つサービスや新たな価値観を創生することで、大きな需要だけではなく人々の生活すら変えてしまうことになります。
企業をする時には自分の持つ能力が重要です。
一般的には科学者的な知識やノウハウ、複数の言語が喋れたり難関の資格を持っていることなどが武器になります。
医師免許があれば開業が出来ますし、知識があればフリーのプログラマーとして独立も可能です。
自分の力をベースにして開発を行うことで新たなソリューションを生み出して、製品開発も出来るかもしれません。
まずはやってみることが1番大切だと光本勇介はじめ先人たちは述べており、豊富な資金がなくてもバックボーンを所有していなくても情熱と行動力があればいつか形になり実を結び花が咲くことになるのです。

まとめ

たとえ挫折することがあっても経験は決して役に立たないわけではなく、新しい一歩を踏み出した時には自分を支えてくれる力になります。
英語が話せれば国際的な企業で採用されることもありますし、勤務医として活躍も出来るのです。
実業家とは行動して夢をつかむための手段でしかありません。