「未分類」カテゴリーアーカイブ

「若さとは気持ちから生まれるもの」と畑恵さんは常に言ってます

畑恵さんが考える若さとは?

若さとは何か。

単純なようで奥深いテーマかと思いますが、男女共に年齢と共に損ねていくものですから、余計恋しくなるのではないでしょうか。

いつまでも若くいたい。

それは、若さが無くなるが故の本能とも言うべきものなのかもしれません。

前置きはさておき、誰もが若くありたいと思って健康や美容に気を使っているのですが、若さは様々な要素から成り立っています。

特に大切なのは気持ちです。

好奇心旺盛な人は、いつまでも若々しいと感じるのですが、気持ちも様々です。

むしろ外見に自信があるからこそ、気持ちも若々しくいられる人も多いです。

外見が若いから気持ちも若くいられる。

それがさらに外見にも還元される。

このように、相乗効果で若さ溢れる人もいます。

畑恵をはじめ、むしろそのような人はとても多いです。

こちら→畑恵情報

畑恵さんも愛用するメディプラスゲルという化粧品

また、人間は精神的な物に左右されやすいと言われていますので、例えば悩みを抱えているとストレスになり、様々な部分に影響を及ぼすようになります。

逆に、楽しい気持ちでいると免疫力を高めたり、表情にも出ます。

内面と外見は密接な関係にあるのだと気づかされますので、若さをと思ったら、どちらでも良いので何かを行うべきなのでしょう。

メディプラスゲルが人気を集めているのはその点も無関係ではないはずです。

メディプラスゲル68種類もの成分が配合されているのですが、そのおかげで見た目年齢とのギャップを生み出してくれると評判です。

もちろんメディプラスゲルによって若さが手に入るのは間違いないのですが、外見が若々しくなるので性格が変わってくるのです。

若い自分をいろいろな人に見てもらいたい。見られても恥ずかしくないので堂々としていられる。

その気持ちが、自分に自信をもたらし、表情にも現れてより若いなと感じさせるのです。

年齢を重ねて自分の容姿に自信がなくなると、人に会いたい気持ちが薄れ、さらには笑顔も消えていきます。

それがより「老い」を加速させます。

人に会わないので、更に外見にもこだわらなくなる。

これでは若さとは対極に向かっていると言われても不思議ではありません。

ですが外見に自信が出てくると、他人からどのように思われるのか不安に感じるどころか、むしろ自分を見せつけたいとさえ思うようになるのです。

自信は表情にも表れ、さらに周囲から「若いね」と言われてより自信が湧く。

すると、さらに好奇心も湧いてくるのです。

つまりは、何かを変えれば誰もが若さを手に入れられるのです。

エスコシステムズの提案する省エネ事業

■エスコシステムズとは

エスコシステムズは省エネ事業を短期的なコスト削減だけではなく、長期的な視点におけるコスト低減のサイクルとして提案する会社です。

現代の省エネ事業の多くは長期的には経済効果が高いものの、短期的には設備を導入するコストが大きくかかり、またその先行投資が実際に効果を生み出すまで長い時間がかかることや、その間の様々な変化によりその効果が保障されないと言う欠点があります。

そのため、本来は多くの人にその効果をもたらすものでありながら、先行投資ができる財力を持った人にのみその恩恵が与えられると言った側面があり側面があり、かつ投機的な要素もあると言う問題があります。

このような問題はこれまでも様々な場面で議論されてきましたが、実際には多くの経済的事情が絡むため、直接的な問題の解決には至らない母まで現状を迎えています。

エスコシステムズが提案する長期的な省エネ事業は、最終的には先行投資をなくし、日々の省エネの活動の中で得た資金を設備の運用に回すことで長期的な視点での経済的効果と省エネに対する意識の高揚を目指す事業です。

近年では地球環境に配慮する側面から自然エネルギーの効率的な利用が叫ばれています。

太陽光発電を中心とする自然エネルギーの利用は非常に効率が良くかつ自然環境にやさしいエネルギー調達の方法として注目されていますが、その発電の仕組みを整えるためには多額の先行投資を行い発電環境を整える必要があります。

そのためこのエネルギーによる恩恵を受けることができるのは一部の発電環境を整える資金を持っている人たちに限られ、その他の人たちは発電環境を整えることができないためにその恩恵に来付けることができません。

これは自然エネルギーを効率的に利用し省エネ事業を普及させる上での大きな妨げになっている理由でもあるのです。


画像引用:エスコシステムズ

■誰でも簡単に省エネの環境を整えることができる仕組みを作る

エスコシステムズが提案する省エネ事業は、最終的には発電設備や省エネ設備を整えるための先行投資をなくし、誰でも簡単に省エネの環境を整えることができる仕組みを作ることにあります。

発電環境を整えるための資金を先行して環境を整え省エネを実現している人たちから融資を受け、この返済を自らが省エネで得た利益で返済するスキームを作ることで相互に省エネ環境を整えるための基盤づくりを行い、結果として先行投資を行うことなく省エネ環境を整えることが出来るようになるものです。

この事業を推進すること、一人ひとりの日常的な負担を軽減することができるほか、個人的な先行投資を行わなくても良い省エネ環境を実現した恩恵を受けることができ、その利益を社会に還元することができるスキームを作ることができます。

さらにエスコシステムズの提案する省エネ事業は、地球環境の保護にも大きな貢献をすると期待されています。

現代社会においては地球環境の保護のために必要な事業であると多くの企業に叫ばれていますが、実際にその環境保護の対策を実現している企業は非常に少ないものです。

その理由は先行投資の金額が大きく、大企業などの多額の出資ができる体力がある企業は実現できるものですが、そうでない中小企業にとってはこの設備のための投資を行うことを義務づけることは経営基盤に対しての影響が大きいことから実際には実現されていません。

そのため地球環境の保全に関する対策についても中小企業についてはその対象とはなっておらず、十分に実現できていない側面があります。

そのため様々な規制の中で地球環境の向上化を図ろうとしても、実際には経済的な理由で実現できない背景があるのです。

このような状況を流するためには中小企業のような経済的な体力がない企業においてもスムーズに省エネの対策を行うことができるような環境を早急に整える必要があります。

■テスコシステムズが提案する省エネ事業

テスコシステムズが提案する省エネ事業は、このような中小企業に対しても積極的に省エネに参加してもらえるような環境作りを行うためにも非常に重要な事業とされています。

中小企業から大企業までが総合的に地球環境の保全のための省エネルギー事業に参画することで、日本としても総合的な環境対策を実現することができるようになるほか、その効果を存分に高めることができます。

さらに先行投資を伴わない設備導入ができるため非常に気軽に事業に参画することができるようになり、またその利益を還元する仕組みを整えることで総合的な対策が行えることが大きなメリットとなっています。

これまで省エネ対策は様々な場面で様々な案が提案されてきましたが、最終的には経済的な問題のために足並みが揃うは頭頓挫してしまうことが多いものでした。

そのため効果的な対策とはならず、またその設備の有効性が投資の対象となってしまう側面も多かったことから、発電設備の枯渇と言う問題も発生し、効果的な省エネ対策を行うことが難しいと言う側面がありました。

エスコシステムが提案する省エネ事業は、投資と言う側面を廃止し、あくまでもエネルギーの削減を目標として様々な企業が積極的に参加できるような環境作りを行うことにその大きな目的があるのです。

ついにファンケルのえんきんを使うときが来た

母親の老眼が40歳代から始まっていたし、ずっと視力は1.5だったから「もしかしたら老眼が早くくるかもなあ」とは思っていました。

でも新聞もまあ読めていたし、特に不自由を感じることなく40歳も2年ほど過ぎたころのことです。

子どもが持って帰ってくる学校のお手紙がやけに読みづらいのです。

「先生も最近忙しいのかなあ、印刷が汚いわ」と思っていたのですが、町内会のお知らせをパソコンで作ろうとしたとき「何これ・・・?異常に目が疲れる」ということに気が付きました。

そういえば仕事でも伝票が読みにくい、買い物のレシートも見えづらいなど心当たりがいくつも浮かびます。

試しに本屋さんで売っていた老眼鏡をかけてみると「めちゃくちゃはっきり見える・・・!」と驚きました。

いつの間にか見えないのが当たり前になっていて、汚れているとかかすれているとか勘違いしていただけで、実は老眼が進んでいたのです。

眼鏡を手に入れて、読み書きは快適になったのですが、やはりスマホの画面やちょっとしたメモなどは見づらく、不自由を感じる毎日でした。

そんなときファンケルの「えんきん」で村田雄浩さんが出演しているCMを見て「そろそろこういうのを試してもいい年齢なんじゃない?」と思いました。

これ⇒http://recordparadise.com/

ブルーベリーが目にいい、とかほうれん草がいい、と聞くけれど、目の疲れがとれるくらい摂るのは現実的にも無理だと思ったのです。

調べてみると、ルテインやアスタキサンチンも目にいいし、老眼って字を読み書きするときだけじゃなくて普段の生活でもピント調節ができにくくなっていて目がとても疲れるんです。

疲労回復にちょっとでも役立てばと思い購入しました。

1日2粒を私は忘れないように朝まとめて飲むようにしました。

大きさも飲みやすいし、つまむのに苦労するほど小さくもないので扱いやすいです。

それまで、目が疲れると目の周りの顔の筋肉が、ちょっと触るだけでめちゃくちゃ痛く感じたり、いつもは見えている普通の距離の風景が見えづらくなったりと、目の疲れが尋常じゃなかったのが悩みでした。

えんきんを飲むようにしてから、目そのものの疲れ度合いがぐんと減った感じがあります。

少なくとも、目の周りが痛むことはなくなりました。

相変わらず老眼鏡は使っていますが、使わなくても読み書きはおおよそできます。

ただ、スマホやパソコン、小さな文字などはかけたほうが楽に見えるので、あまり目を疲れさせないためにも使っています。

えんきんを飲むまでは目がよく乾いたような感じで、眼球が痛むことも多かったですし、アウトドアを楽しんだりすると紫外線に傷つけられるのか夜になると目を開けていられないくらいの状態になりことも多かったのです。

でも、えんきんのおかげか気が付くと目の乾きを感じることも少なくなりましたし、うるおいが増えた気がします。

というのも、目やにが以前はカリカリで、時に目に刺さるようなぐらいで目頭に張り付いていたのですが、最近は目やに自体もあまり気になりませんし、若いころの状態に戻っています。

字の読み書きやスマホ、パソコンだけじゃなくて、人間は常に遠くを見たり近くを見たりとピントを合わせているんだなと実感しました。

ピントを合わせる機能が弱くなってしまうのは仕方ありませんが、その分目に良いといわれている成分を足してやれば十分修復されていきますし、まだまだ大丈夫だと思いました。

目は少しずつ見えづらくなるので気が付きにくいですし「まだそんな年じゃないんじゃないか」とガマンしてしまいがちですが、目の疲れは日常のやる気とか前向きな気持ちもなくしてしまうと思います。

予防も兼ねて早めに飲めば進み具合も緩やかになるかもしれないと思います。

ファンケルのえんきんを飲んで

昔から目の調子が悪く、様々な症状がありました。

中学校の頃にテレビゲームのやりすぎで視力が悪くなりました。

それまで1.5あった視力が0.1になっていました。

眼鏡をかけることになりました。

しかし眼鏡では学生は不便な事が多いです。

体育の授業もそうです。

眼鏡を踏まれて割れてしまった事もありました。

視力は一度悪くなると自然にはもう回復しません。

目が悪くなると、すぐに目が疲れる様になりました。

高校生になり眼鏡からコンタクトレンズにかえました。

コンタクトレンズをしていると、眼鏡の取り外しがないので楽ですが、コンタクトを外した時の消毒が面倒になります。

しかもコンタクトレンズをしたまま、目をこすってしまったせいで目に傷がつき目が真っ赤に充血してしまいました。

目の充血がコンタクトによる傷だという事が分かるのに病院を何度もかえました。

昔は今ほどコンタクトレンズが普及していなかったため、原因が分かりにくかったためです。

それまでアレルギーの薬などを出されていたので治るはずもありません。

目の傷が治る点眼薬を処方して貰いやっと良くなりましたが、結局目の傷が治るのに2か月程かかってしまいました。

このことがあってから、目に傷がついた部分が度々充血するようになりました。

本当に目の大切さがわかりました。

目が赤いと外に出るのも億劫になってしまいます。

このころから、目に良いサプリメントを飲むようになりました。

ブルーベリーが良いと聞きブルーベリーのサプリメントを数年飲んでいましたが、それほど効果は感じませんでした。

それからも目の症状は悪化していき、ドライアイになってしまいました。

ドライアイになると目が乾いて開けていられない程です。

ほんとに辛かったです。

さらに40代後半になってから近くの物がかすんで見えるようになってきました。

これはいけないと思い、インターネットで何か良い商品はないかと探していたらファンケルのえんきんという商品を見つけました。

ファンケルは化粧品は好きでよく使っていましたが、サプリメントはこれまで興味がなくてあまり見ていませんでした。

この商品にはブルーベリーの他にルテインやアスタキサンチンやDHAが入っていると知りました。

ブルーベリーの他にも目に良い成分が入っているのは良いと思いました。

特にDHAは、私は数年前から高脂血症になっていたので、単品でサプリメントを購入しようと思っていたところだったので、入っていて助かりました。

値段が高いのが気になりましたが、思いきって購入しました。

飲み始めて最初の1週間は何も変わらなかったので、これまでのサプリと一緒だと思いました。

しかし、1袋はもったいないので飲みきろうと思いました。

飲み始めて3週間ほどたってから、目が乾く症状がなくなってきました。

目が開けられない程辛かったドライアイの症状が良くなってきました。

もしかして、えんきんを飲んでいるから治ってきたのかと驚きました。

そして目のかすみが良くなってきました。よく人に、目を細めていてしかめっ面をしていると指摘される事があったのですが、その様な事も言われなくなりました。

その頃丁度1袋なくなりました。

暫く飲まなかったらまた目が乾く症状が始まったので、やはり、えんきんが効いていたのだとわかり、再度購入しました。

これからこのえんきんを飲み続けようと思いました。

私は胃腸が弱くサプリメントによっては腹痛を起こす事があるのですが、このサプリは飲んでもそのような事は一切起こりません。

ソフトカプセルに入っているからでしょう。

また、ファンケルは無添加というのも良いです。

毎日飲み続けるものですから、添加物は入っていない方が良いです。

材木店とDIY店

材木店の役割

材木店の役割を考えるときは、DIY専門店やホームセンターの木材売り場をイメージすると良いでしょう。

製材や加工、乾燥までおこなうのを木材店とすると、一般的には材木店は、建材を仕入れてストックし、顧客からの注文に応じて販売するという役割の事業者を指すことが多いです。

つまり、材木店はDIY愛好者にとっての専門店かホームセンターのような存在と言えます。

インターネット通販が普及しても、DIY愛好者にとって、ホームセンターは欠かせない存在であり、近くにDIY専門店ができようものなら大喜びするでしょう。

少々遠くても、足を運んでいる人も多そうです。

インターネットで注文して取り寄せることが可能だとしても、近くの店舗に必要な木材が揃っていて、出向いて行ってすぐ購入できるなら、それに越したことはありません。

即日で手に入るというのは、かけがえのない利便性となります。

減少する材木店

近年、材木店は減少しています。

それによって、どういう影響を周囲に及ぼしているかは、DIY愛好者にとってのホームセンターやDIY専門店になぞらえて考えるとよくわかります。

DIY専門店は近年増えてきた新しいタイプの店ですが、材木店は昔から各地に存在していた、あって当たり前の存在でした。

利用し続けていた顧客は、顧客自体の数も時代の変化とともに減ってはいるでしょうが、相当不便を感じていることでしょう。

遠くから取り寄せることはできますが、即日というのは、以前と比べればずっと難しくなっているでしょうし、輸送費もかかります。

それを顧客が負担するのでないとしても、結局製品価格に上乗せされるわけですから、費用がかさむことになります。

数ある材木店で伸びているのは、本当に長崎材木店ぐらいです。

大手ハウスメーカーの進出

最近、住宅を建てる場合は、大手ハウスメーカーが建築する例が増えています。

ただ、受注するのが大手であるだけで、あとは地元の工務店にいわゆる丸投げされるだけのことも多いようです。

建材だけは大手ハウスメーカーが調達するという形態だと、大手ハウスメーカーは、外材を輸入した商社から木材を仕入れた大手建材メーカーを仕入れ先とすることが多いです。

そうなると、地元の材木店が入り込む余地はなくなります。

大手ハウスメーカーが同じ規格の建材を一括大量仕入れすることによって、住宅価格が下がっているとしたら、それはメリットが大きいことなので、やむを得ない面がありますが、ただ中抜きするだけの存在であって、住宅価格がそれほど違わない場合は、地元の工務店に直接頼むという方法もありそうです。

すると、地元にDIY専門店に相当するような店舗が必要となります。

医学部の入試で押さえておきたいポイント

医学部の入試をパスするには並大抵の努力では難しく、かなりの猛勉強をしなければ厳しいというのが実情です。

このため、通常の試験対策では不十分となり、医学部入試専用の予備校に通うことなどを強いられることになります。

実際に必須となる科目は、国公立大学、私立大学いずれかの大学で大きく変わります。

国公立大学の場合、5教科7科目というの一次試験、その後に各大学で二次試験が行われます。

5教科7科目を受ける場合、大事なことは苦手分野を作らず、満遍なく高得点を獲得するということです。

国公立大学の医学部は学費の安さ、地域におけるブランドなどから人気となっており、その分、必要となる点数は高くなります。

私立大学では英語数学理科が試験科目になっているところが多いため、そこで差がつくことはまずありません。

そのため、国語と地歴公民で差がつくことになります。

いわゆる文系科目に苦手意識を覚えるような状態だと、満遍なく高得点を取り続けるということには程遠いことになりかねません。

そのため、出来るだけ早い段階で苦手をつぶす、そして、英語数学理科に関しては満点近く取ることがむしろ当たり前の状態にすることが求められます。

二次試験においても、各大学で問題が全く異なるため、それぞれの対策を立てておく必要があります。

近年、センター試験で受けることのできる理科の科目数が減ったため、その減った分を二次試験で補うケースも出てきています。

また数学も同じ傾向にあり、二次試験の範囲はそれだけ広くなり、そこまでの対策が出来るのかということも押さえておきたいポイントです。

このため、医学部を希望する受験生のほとんどはかなり早い段階で志望大学を選ぶことになります。

むしろそうしないと試験範囲を網羅することが出来なくなります。

現役で目指す人もいれば、浪人をする人もいます。

その浪人をする人の中には何年もチャレンジをし続ける人もおり、早い段階で決めないことには太刀打ちは出来ません。

面接や小論文を行うところもありますが、そこでライバルに差をつけることはかなり難しいことが言えます。

面接でかなりの差がつくケースはよほどの失敗をするケースですが、事前に準備をするため、そのようなことはまずありません。

小論文に関してはそうしたケースもありますが、やはり小論文対策を行ってくる人が多く、あまり期待は出来ません。

そうしたことからも、一次試験での結果が大事になることが分かります。

また、二次試験の対策をすることが当たり前であり、それを怠るような受験生はかなり厳しいというのも事実です。

私立大学の医学部入試に挑む場合、センター利用入試をおすすめします。

国公立大学が難しくなったとしても、センター利用入試を行えば、それだけチャンスが広がることになります。

国公立大学の場合、センター試験で必要な点数は9割前後となります。

もちろん、地域によってバラつきはあり、地方に行けばその分、必要となる点数は下がります。

しかし、最先端の医療に触れたいという場合には都会に近いところで学ぶことが良く、そうした傾向は受験傾向にも現れます。

私立大学のセンター利用についても、求められる点数は国公立大学と大して変わりません。

しかし、必要となる科目は国公立大学より絞られること、一般入試などもあることから、利用しない手はありません。

また、私立大学にも二次試験というものはあり、ほとんどのケースで面接、小論文となります。

点数化するところ、そうでないところもあるなど、多少曖昧になる傾向もありますが、基本的には国公立大学とさほど変わりません。

実際にどの医学部にチャレンジするのかを決める際の基準は、地域枠が使えるかどうかというものがあります。

地方の国公立大学の場合、地元の人を優先的に採用する地域枠というものがあります。

この枠でチャレンジすることが出来れば、その地域の中での勝負ということになり、目標も分かりやすく、ライバルも特定しやすくなります。

あえて一般枠で勝負するというのも1つの手段です。

その分、倍率は下がり、入りやすくなるという狙いがあるためです。

ただ、いずれの場合も合格になる水準をクリアしてしまえば、どちらであったとしても問題ありません。

また、センター試験の平均点によって情勢が大きく変わることもあります。

平均点が高く、多くの受験生が好成績であれば色気を出してチャレンジすることが見られます。

それだけ倍率は上がり、二次試験で苦戦を強いられることもあります。

一方、平均点が低いと安全策で別の大学を受験しようとする傾向になり、倍率が下がるということがあります。

ただ、いずれにしても、下手に大学を変えたことで失敗することもあることから、一度狙った大学はよほど成績が向上しないなどの理由がない限りは変えないというのが大事であり、長いスパンで考え、一次試験、二次試験を見据えた対策を行うことが求められます。

※参考:富士学院